通常370円が0円に、買い切りのミニゲーム集『Monsterz』などiOSアプリ値下げ中 2022/09/26

公開日: : Android アプリ

IOS app id1299784324

本日2022/09/26のiPhone/iPad向けアプリセール情報は、買い切りのミニゲーム集『Monsterz』などがセールを実施しています。

iOSアプリ値下げ情報 2022/09/26

※価格は記事投稿時点の情報でアプリ購入時はセール価格になっているか確認してから行いください。

大辞泉

『大辞泉』は、総項目数30万4,000語を載録した、本格的な百科+国語の大型辞典です。日本語の辞書として高い信頼性に裏打ちされた世界標準の辞書コンテンツです。更に姉妹版である固有名詞辞典『大辞泉プラス』10万6,665語を加えて、40万語を超える大型のデータベースとなります。これだけの情報量がオフラインでお使いいただけます。

通常価格2080円→1100円
リンク:大辞泉

徒花異譚

ノベルゲーム『徒花異譚』がApp Storeに登場!

■STORY

少女が気づくと、そこはどことも知れない暗い森の中だった。
突如として現れた怪物に襲われた彼女は、筆を刀のように操ってものを斬る、謎の少年に救われる。

彼は「黒筆(くろふで)」と名乗り、慣れた声音で少女を「白姫(しろひめ)」と呼んだ。
しかし少女には、少年の顔にも呼ばれた名にも覚えはない。
というのも、彼女の頭からはすべての記憶が失われていたからだ。

黒筆いわく、ここは絵草子の中の世界である「徒花郷(あだばなきょう)」。
ありとあらゆる「おはなし」は、夢と同じように、どれほど深く溺れていても、覚めてしまえば何も残らない。
故にこの世界は、徒花――咲いても実を結ばない花に喩えて名づけられたのだという。
そしてふたりの役目は、ここにあるお伽話の世界を渡り歩き、話の筋に歪みが生まれていないかを見張ることらしい。

操り人形のように頼りない風情の白姫は、言われるがまま、手渡された一冊を開いた。
表題は――「花さかじいさん」。
虫食いが進み、朽ちる寸前のようなその絵草子が開かれると、紙面から眩い光が放たれ、
少年少女はお伽話の世界へと連れ去られていった――。

通常価格1840円→1220円
リンク:徒花異譚

Monsterz ミニゲーム・デラックス

ミニゲームの世界でサバイバル! 広告なし。 App 内購入なし。 すべてのミニゲームのロックを解除!この容赦のない、サクサク進むアクションゲームで、君のスキルをテストしておもしろおかしいチャレンジをクリアしよう。
IOS app id1299784324

通常価格370円→0円
リンク: Monsterz ミニゲーム・デラックス

数日前のアプリセール記事で紹介したアプリが無料を継続している場合があります。過去のセール情報は下記リンクより確認できます。
最新のiOSアプリセール記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑