第10世代「Fire HD 8」が6,980円に、過去のセール価格比較

Google Playストアをインストールできる最後の世代とも言われている第10世代「Fire HD 8タブレット」がAmazonタイムセール祭りで予告通り値下げ対象となり、通常価格から30%OFFで販売されている。

過去のセール価格と比較して買いかどうか記録する。

Fire HD 8 タブレットが特価セール中。

今回セール対象となったFire HD 8 タブレットはアマゾンが2020年5月13日に発表されたモデル。

2022年10月に発売された第12世代Fire HD8タブレットは通常価格11,980円でGoogle Play ストアがインストールできない世代とも報告されている。

第10世代と第12世代のスペック比較はコチラのAmazon販売ページ後半にある比較表より確認できた。

第10世代「Fire HD 8」の過去最安は2022年7月タイムセール祭りの4,990円。

それまでの最安は2021年6月のプライムデー特価5,680円、2020年11月ブラックフライデーの特価5,980円(それ以前の値引きは当時の記事へ)だった。

通常のタイムセール祭りでは2021年に4回(7月と8月と10月と12月)の値下げがあり、2022年も1月から4月まで毎月値下げ対象となっており、いずれも特価6,980円となっていた。

今回の祭りでも3000円OFF=特価6,980円なので他のタイムセール祭りと同等の値引きとなる。

今回の値下げ価格は新モデルUSB-C版Fire 7の定価と同じになっており、第10世代「Fire HD 8」購入を検討する際はRAMや画面サイズ・解像度など下記の関連記事が役に立つかもしれない。

関連記事
まもなく値下げ、Plusではない「Fire HD 8」を買う条件
第12世代 Fire 7 (2022)は買いか、使い方を考える。

なお、Amazonタイムセール祭りのポイント還元エントリー(特設ページへ)を忘れないよう注意したい。

→最新のレビューや在庫状況はアマゾン販売ページ

よく一緒に閲覧される記事

(目玉セール)Echo Show 8第2世代+Music Unlimited 6ヶ月の総額25,540円が特価9,480円に

アマゾンジャパンが開催中のブラックフライデーにおいて8インチ

Fireタブレット改造ツール「Fire Toolbox V30.0」リリース、Google Playの続報

Fireタブレットの制限を突破するためのコマンドを打ち込むこ

Fireタブレット全機種の値下げ価格一覧(Amazonブラックフライデー)

アマゾンジャパンが開催中のAmazonブラックフライデーで値

→もっと見る

PAGE TOP ↑