Windows 8.1初期設定、自動サインインを有効にする

公開日: : Windows

 本日、「Windows 8.1」にアップデートしたところ、これまでMicrosoftアカウントで使用していなかったためかサインイン設定が初期化されてしまいました。個人用ノートPCで起動時に毎回パスワード入力を求められるのは辛いので「Windows 8.1」で自動サインインを有効にする方法を記録します。

Windows8.1-Start-Screen

Windows 8.1で自動サインインを有効にする

 「Windows 8.1」で自動サインインを有効にすると起動時のログイン作業が不要になり使い勝手が向上します。しかし、会社や自宅に常に置いてあるような自分以外の人間がパソコンを操作する可能性が考えられる場合は、誰でもパソコン内のデータへアクセスできる環境を提供することになるため、慎重に行う必要があります。

 「Windows 8.1」を起動したらキーボードで「Winキー+R」または「Winキー+X」を押して「ファイル名を指定して実行」を起動します。

Windows8.1-Login-00

 名前欄に「NETPLWIZ」と入力し「OK」を選択します。

Windows8.1-Login-01

 ユーザーアカウント画面が表示されたら、上部にあるチェックボックスを外し、OKまたは適用を選びます。

Windows8.1-Login-02

 自動サインイン画面が表示されたら、Microsoftアカウントのユーザー名とパスワードを入力し、OKを選びます。

Windows8.1-Login-03

 以上で「Windows 8.1」の自動サインインが有効になりました。

 これによりパソコンを操作(遠隔も含め)できる人間に対してのセキュリティがなくなりました。玄関ドアの鍵を開けた状態になっているため、常に持ち歩くタブレットPCであっても注意が必要ですね。

 前回のWindows 8.1アップデート記事と、この記事の間に1つの重要な作業を飛ばしてしまいました。前後してしまいますが、次の記事で「拡大表示の修正方法」を記録します。

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑