「Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション」がアマゾンに登場、購入した理由

公開日: : Google Nexus7

 アマゾンに『ASUS Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション』(型番:90XB01JP-BDS010)が登場、さっそく注文しました。初代Nexus 7 のドッキングステーションに続き、購入した理由を記録します。

Nexus7-station

「Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション」発売

 『ASUS Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション』(型番:90XB01JP-BDS010)は、MicroHDMI出力ポートを備えた7インチAndroidタブレット「Nexus 7 2013」専用の充電スタンド。消費電力は最大7W。本体サイズは218x106x77mm、重さは約142g。ACアダプタは付属しないため、「Nexus 7 2013」本体に付属するMicroUSB ACアダプタで充電するとのこと。

 販売者「Amazon.co.jp」は3,980円で在庫切れとなっており、予想価格より200円安い3,780円にて販売者「RADICAL」さんから購入可能。

「Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション」、購入した理由

 初代Nexus 7 は専用ドッキングステーション購入により、ただのAndroidタブレットから「常時点灯のデジタル時計」「タスク管理」「いつでも満充電で気軽に使える簡易ブラウザ」「フォトフレーム」となり生活必需品レベルに近い存在となっています。

 「デジタル時計」として日中はもちろん、暗くなった部屋でも数字だけが白く浮かび上がり時刻を示してくれます。「タスク管理」は先日、Amazonアプリストアで無料セールとなった音声(日本語)でスケジュールを知らせてくれるアプリにより実現しています。私は時間や地図に大変弱いので実に助かります。「いつでも簡易ブラウザ」というのは、タブレットやスマートフォンは主戦力であればあるほど「バッテリー切れ」や「充電忘れ」に遭遇しやすくなるため、そんな時に最後の砦として常に「同じ場所」で「安心のフル充電」、「Chromeブラウザ同期」により調べものが継続できるメリットは計り知れません。

 初代ドッキングステーションは音声出力ポートによりNexus 7本体をコンテンツ視聴デバイスにする位置づけでしたが、今回の『ASUS Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション』ではMicroHDMI出力ポートを備えているので液晶モニターやテレビ、プロジェクターといった大画面でコンテンツを消費できる環境に進化しています。

 Nexus 7 2013と長く付き合うためには必須とも思えるアクセサリーだと思い注文した次第です。

ASUS Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション 90XB01JP-BDS010

ASUS Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション 90XB01JP-BDS010

ASUS Nexus7 ( 2013 ) 専用 ドッキング ステーション 90XB01JP-BDS010
ASUSTek
価格: 3,780円 (5%OFF) レビュー0件(2014/01/31現在)

カラーはブラックの1色展開。



よく一緒に閲覧される記事

Huawei Nexus 7P、一部スペックがリークか

 Googleから2016年内にリリースされるのではないかと期待されて

Huawei製 Nexus 7 (Pixel 7)が2016年内に発売か、RAM4GBなど

 Googleの次期Nexusタブレット『Nxus 7 (2016)』

Nexus 7 (2013) 向けに非公式「Android 7.0 Nougat/AOSP」リリース

 Googleがリリースした最新「Android 7.0 Nougat

→もっと見る

PAGE TOP ↑