家電を遠隔操作、東芝アプリ「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」提供へ

 東芝は3月6日、10インチAndroidタブレット『REGZA Tablet AT503』向けに外出先から家電をリモート操作するためのゲートウェイ機能を追加するアプリ「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」の提供を開始すると発表しました。

Regza-Tablet-AT503

「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」提供へ

 『REGZA Tablet AT503』に提供される「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」はHEMS標準プロトコル「ECHONET Lite」のゲートウェイ機能を提供するアプリ。また、iOS向けにも外出先でエアコンをリモート操作できるアプリ「RZ家電リモ」が配信されています。

 外出先でiPhoneから「RZ家電リモ」を使い、レグザのクラウドサービス「TimeOn」を経由して、宅内にある「家電コンシェルジュ for REGZA Tablet」をインストールした電源ON状態の「REGZA Tablet」へアクセス、エアコンや冷蔵庫、照明器具を操作できるとのこと。家電により操作できる機能は異なり、冷蔵庫であれば庫内をカメラで確認したり、照明器具であればON/OFF切替などが可能で、消費電力の確認や温度や明るさの調整も行えるとしています。いずれの家電にも別売りのHAアダプタが必要。

Source:家電コンシェルジュ for REGZA Tablet(PDF)

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑