Android/iPhoneに追加対応、遠隔操作アプリ『Parallels Access』アップデート

Parallelsは米国時間6月17日、WindowsやMacを遠隔操作するアプリ『Parallels Access』のメジャーアップデートを発表しました。最新の『Parallels Access 2.0』では従来のiPadに加え、iPhone/Android端末に対応。

parallels-Access

遠隔操作アプリ『Parallels Access』がメジャーアップデート

 リモートデスクトップ・遠隔操作アプリの最新バージョン『Parallels Access 2.0』では対応機種が iPad だけではなくなり、iPhone や Android スマートフォン・タブレットに対応、社内コンピュータへのリモート アクセスの割り当て、管理、セキュリティ保護を集中管理できる 「Parallels Access for Business」 を新たに提供されたほか、以下の新機能が追加されたとのこと。

  • ログイン方法はParallels IDに加えFacebookアカウントも利用可能に
  • Android端末のホーム画面から1タップでデスクトップアプリケーションを起動可能に
  • iOS向けの新しいファイルブラウザではリモートコンピュータのファイルを閲覧・開くことが可能に
  • 多様な端末に合わせた画面解像度の変更が可能に

 対応機種は iOS 7 以降を搭載した iPad mini (第1世代、第2世代)、および iPad2、iPad (第3世代、第4世代)、iPad Air 、iPhone 4s / 5 / 5c / 5s。Android端末はAndroid 4.0 以降を搭載したスマートフォンとタブレット。

『Parallels Access』の価格

 『Parallels Access』はユーザー1人あたり1年間2,000円(税込)、2年間であれば3,500円(税込)のサブスクリプション契約で、最大5台のコンピュータにリモートアクセスが可能。同アプリはApple iTunes App Store と Google Play で無償ダウンロード可能で、トライアル期間2週間は無償で試せるとしています。

 また、2014年6月末までに新規購入したユーザーには2年間のサブスクリプション契約が3,000円(税込)となる特別キャンペーンを実施しているとのこと。

新たにParallels Access for Business サブスクリプションを用意

 Parallelsは『Parallels Access』を集中管理できる「Parallels Access for Business」サブスクリプションを新たに提供を開始し、これによりIT管理者が社員のアクセス権やアカウントの再割り当てを管理できるとのこと。

 提供価格は1年間5,292円(税込)で5台までアクセス可能、2014年7月31日までは特別キャンペーンとして価格無料に加え、コンピュータ数は無制限で「Parallels Access for Business」を使えるとしています。

Source:Parallels

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑