iPad mini 3 ベンチマーク、旧モデルよりも15%~35%遅い結果に

公開日: : Apple ,

 Appleの最新タブレット『iPad mini 3』のベンチマーク結果を「Macお宝鑑定団Blog」が公開、旧モデル「iPad mini 2」に比べ15%~35%ほど遅いスコアになっていると伝えています。

ipad-mini-3-bench

iPad mini 3 ベンチマークのスコア

 同ブログは『iPad mini 3』をベンチマーク計測アプリ「Geekbench 3」で測定したところ旧モデル「iPad mini 2」よりも15%ほど遅い結果になったほか、「SunSpider 1.0.2 JavaScript Benchmark」を使った測定では35%ほど遅い結果になったことを伝えています。

 新旧iPad miniは同じA7チップにRAM 1GBだったので同等の処理性能かと思っていましたが遅くなっているとは、、、。Appleの発表イベント(中継記事へ)で「iPad mini 3」がサラッと紹介されていた理由の1つかもしれません。

 その一方で、本日は『iPad Air 2』がRAM 2GB/3コア化され処理性能が大幅に向上されていることが明らかになり話題を集めています。

 Apple の最新記事

 詳しいグラフなどは下記リンク先より確認できます。

 Source:Macお宝鑑定団Blog

よく一緒に閲覧される記事

次期iPhoneか、Apple製品として11型番がECCに登録

Appleが2019年秋にリリースするとみられる次期iPhoneシ

初の8コア搭載『MacBook Pro 2019』発表、価格・お届け予定日

Appleは5月22日、同社ノートパソコンで初となる8コアプロセッ

次期iPhone(6.1インチ/6.5インチ)の保護ケース画像がリーク

2019年秋リリース予定の次期iPhoneについて、新たに6.1インチ

→もっと見る

PAGE TOP ↑