『iPad Air 2』はRAM 2GB/3コア搭載、スコアはiPhone 6より55%高速/iPad Airより68%高速に―新旧スペック表

公開日: : Apple , ,

 『iPad Air 2』がRAM 2GBを搭載し、プロセッサが3コアになっていることがベンチマーク結果より明らかになりました。GeekBenchのスコアによるとiPhone 6/6 Plusより55%高速で、初代iPad Airより68%高速になっている模様。

iPad-Air-3-geekbench

『iPad Air 2』はRAM 2GB/3コア搭載

 Geekbenchで公開された『iPad Air 2』のシステム情報にはプロセッサ「ARM 1.5GHzトリプルコア」となっていました。初代iPad Airの1.4GHzデュアルコアから大幅な進化を遂げています。

 RAMとプロセッサ詳細が判明したので新旧スペック表を作成してみました。

 タブクル調べ
 tabkul.com
Apple iPad Air 2 Apple iPad Air
CPU A8Xチップ 1.5GHzトリプルコア
M8モーションコプロセッサ(64bit)
A7チップ 1.4GHzデュアルコア
M7モーションコプロセッサ(64bit)
ストレージ 16GB/64GB/128GB 16GB/32GB
RAM 2GB 1GB
液晶 9.7インチ/IPS液晶 9.7インチ/IPS液晶
解像度 2,048 x 1,536/264ppi 2,048 x 1,536/264ppi
前面カメラ 120万画素 120万画素
背面カメラ 800万画素 500万画素
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
HDMI  非搭載 非搭載
サイズ 240×169.5x6.1mm 240×169.5×7.5mm
重さ 437g/セルラー444g 469g/セルラー478g

『iPad Air 2』のシングルコアとマルチコアによるベンチマーク結果

 最初はシングルコアにおけるスコア。

ipad_air_2_geekbench_single

 タブレットとスマートフォンを比較するのも不思議な感じですが、iPhone 6シリーズが初代iPad Airを抜いていることに感心しました。初代iPad miniはいずこへ、、、。

ipad_air_2_geekbench_multi

 続いてマルチコアのスコア比較、2位以下に圧倒的な差をつけています。MacRumorsによるとiPhone 6/6 Plusより55%高速で、初代iPad Airより68%高速になっているとのこと。

 RAM 2GBとなれば買い替えを検討するユーザーも増えるかと思い Apple公式のiPadストアの販売ページを確認したところ「2~4営業日の出荷予定」と変化はありませんでした。それでも今日は結構な数が売れると思われます。

Source:MacRumorsGeekBench

よく一緒に閲覧される記事

iPad miniに続き、iPhone 2019もApple Pencil採用の可能性

これまで後継モデルが登場するのかも怪しいと言われていたiPad m

次期Apple Watchはジャパンディスプレイ製OLEDを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が

次期Apple Watchか、新たにチタンとセラミックの筐体を追加へ

Appleの次期スマートウォッチ『Apple Watch』について

→もっと見る

PAGE TOP ↑