Windows 8 のエディション比較、全モデルの価格を調べてみた

公開日: : まとめ、スペック比較

2012年10月26日、Windowsの最新OS「Windows 8」が発売開始となりました。

深夜の秋葉原ではカウントダウン・イベントで盛り上がったそうです。

銀座や渋谷と異なり秋葉原でのイベントは、Windowsらしい感じがして良いですね。

今回、Windows8のエディションによる機能比較と全バリエーションの価格を調べてみました。

windows-8-hello-1

Windows 8のエディションによる違いを知っておく

Windows 8はエディションの種類は少ないのですが

Windows 7 からのアップグレード対応版など、価格が複数にわかれています。

Windows 8 のエディション

  1. Windows RT(ARM系CPU搭載限定)
  2. Windows 8(プリインストール版)
  3. Windows 8 Pro(パッケージ版)
  4. Windows 8 Pro Pack(アップグレード版)
  5. Windows 8 Enterprise(エンタープライズ版)

Windows RT とは

マイクロソフト初のタブレット「Surface」にプリインストールされ話題になりました。

以前、詳しく調べた記事がありますので、そちらご覧ください。

Windows 8 とは

Sonyや富士通、DELLなどメーカー製のパソコンやタブレットに

プリインストールという形で提供されるエディションです。

廉価モデルのパソコンへ採用されているとも言われているようです。

Windows 8 Proとは

Windows 8 Proは、上位版として

Windows 7 時代にすると以下のエディションに該当するということです。

  • Windows7 Home Premium
  • Windows7 Professional
  • Windows7 Ultimate

パッケージのデザインが5種類に分かれていますが

5つのエディションではなく、上位版として「Windows 8 Pro」

ただ一つだけだけになりました。

Windows 8 Pro Pack とは

Windows 8 Pro Pack は、、、

  • Windows 8(プリインストール版)】を
  • 【Windows 8 Pro(パッケージ版)】へ
  • アップグレードすることができます。

しかし、Windows 7 や Vista 、 XPといった旧OSは対象外です。

では、旧OSの救済措置はないのかというと、ちゃんと用意されていました。

詳しくは、価格一覧のところで記載しています。

Windows 8 Enterprise(エンタープライズ版)とは

マイクロソフトの説明によると、「IT プロフェッショナルの方を対象に設計」ということです。

基本的に、企業向けにボリュームライセンスで提供されるエディションらしいです。

2012/10/26時点では評価版をダウンロードできるようです。

Windows 8 の機能を知り、エディションを比較する

Windows 8 では何が変わったのか

そしてエディションによる違いは何か調べてみました。

Windows 8 の機能

はじめに機能について記録します。

起動時間が早くなったという話ですね。

タブレットとしても使うため大切な項目です。

Win8_7_1._SX400_

アイコンは、「タイル」と呼ぶらしいですね。

Win8_1_9

「おなじみのデスクトップにすばやく切り替え」ということで

デスクトップ画面もタイルから呼び出せるということです。

従来の画面で過去の資産であるソフトを使えるというのは頼もしいですね。

Win8_1_13

「チャーム」という「どの画面からでも呼び出せる5つの基本機能」があるようです。

デバイスというアイコンがある辺りがWindowsらしいところですね。

Win8_1_11

「ライブ タイル」という機能です。

メールが届けば、本文(の数行?)を表示したり

ニュースやメッセンジャーといった情報がリアルタイムで閲覧できるようです。

Win8_1_10

Windows 8 のエディションを比較する

Windows 8 はシンプルに3つのエディションとなっています。

windows-8-hikaku

リモートデスクトップを使うならWindows 8 Pro の一択でしょうか

VNCなどが登場すると思いますが、ファイル暗号化など安定を取ればPro版が良さげです。

仮想OSに標準対応ということでしょうか、最後が気になりますね。

Windows 8の価格バリエーション

使用する用途や入手方法、32bitや64bitにより価格がわかれます。

Windows 8 の価格(一般向け)

  1. Windows 8 Pro ダウンロード版:3,300円
  2. Windows 8 Pro 発売記念優待版:送料込み 5,480円
    (XP・Vista・7からのアップグレード専用:2013年1月31日まで)
  3. Windows 8 Pro Pack(アップグレード版):送料込み 5,480円

通常の利用では一般向けを購入すれば問題無いと思います。

次のDSP版はMacや仮想環境、自作PCといった方向けへのモデルです。

Windows 8 DSP版の価格、DSP版とは?

DSPとは、Delivery Service Partnerの略です。

DSP版は、Windows 8 Proを自作PCや仮想環境で利用する際に

新規インストール用のモデルです。

(Windows XP、Vista、7からのアップグレードには非対応)

    1. Windows 8 (DSP版) 32bit送料込み 11,229円
    2. Windows 8 Pro (DSP版) 32bit送料込み 14,843円
    3. Windows 8 (DSP版) 64bit送料込み 10,621円
    4. Windows 8 Pro (DSP版) 64bit送料込み 14,074円

クアッドコアになった Mac mini にDSP版のWindows 8 Proとか入れてみたいですね。

iMacも良いかも知れません。。。

nasne買ったのでSony色に染まるべきか、、、

またしても悩みはつきません。。。

<以前の記事>

今さら聞けないWindows RTとは何か、その魅力について

よく一緒に閲覧される記事

大型UMPC対決、8.9型GPD P2 MAXと8.4型OneMix3Sでスペック・価格を比較

※スペック表は2019年5月25日時点の公式ツイッターなどから集め

無制限モバイル通信の為のWiMAXルーター選び(2019年5月版)、分解から学ぶ

前回は無制限を謳うモバイル通信サービスを比較、各サービスの注意点な

4つの無制限モバイル通信を比較、各サービスの注意点まとめ(2019年5月版)、WiMax/Pocket WiFi/SoftBank Air/auデータMAXプラン

2019年5月13日、auから国内キャリア初となるLTE無制限の「

→もっと見る

PAGE TOP ↑