OCN モバイル ONEの容量繰越スタート、最新アプリの画面と通信容量の消費順序を確認する

公開日: : OCN ,

 『OCN モバイル ONE』専用アプリのアップデートが届き「基本通信容量繰り越しサービス」が前倒しで提供を開始していることがわかりました。

Screenshot_2015-01-18-16-49-06

OCN モバイル ONEの容量繰越スタート

 NTTコミュニケーションズは12月19日に「基本通信容量繰り越しサービス」を発表した当初は1月20日にサービス開始を予定していましたが、アプリが対応していたので調べてみると環境が整ったとして1月14日より前倒しで提供を開始すると発表していました。また、同時にWi-Fiスポットも発表され無料体験が開始されています。

 『OCN モバイル ONE』最新バージョンはファイルサイズ1.39MB、Android Lollipop搭載 Nexus 6 にインストールしていますが問題なく動作しています。

最新アプリの画面を確認する

Screenshot_2015-01-18-16-59-21

 最新版のアプリには「基本容量本日残り」とあった箇所が「総残量」となり、その下に繰越残量が表示されていました。また、メイン画面の最下部には繰越容量という項目が追加され、残量と利用期限が記されています。

繰越容量が消費される順序

 通信容量には基本通信容量と容量追加オプション、そして今回の繰越容量が追加され合計3種類の容量が存在します。また『OCN モバイル ONE』には日次コースと月次コースが用意されており、残量がカウント/リセットされるタイミングが異なります。

通信容量を消費する順番

 日次コースから通信容量を消費する順番を確認します。

graph_img_day

 日次コースは(1)繰越容量、(2)基本通信容量の順で消費され、翌日に繰り越されるのは前日の残容量だけとなっています。日次コースなので1日単位で繰越もリセット。

 続いて月次コース。

graph_img_month_150114

 月次コースは容量追加オプションを用意しているため3段階となり(1)繰越容量、(2)容量追加オプション(3)基本通信容量の順で消費、翌月まで有効なので予め多く使う月がわかっていればターボ機能OFFにしておいて月8GBを実現できます。

 最近はターボOFF(速度制限)で運用していますがChromeで複数タブを同時に開いても少し遅い程度で実用範囲内で使えています。月次コースは「1日使い放題」オプションがないため選んでいませんが数ヶ月ほど運用して少ない月で4GB以内、多い月で8GB以内であれば変更したほうが安く済むため変更しても良いかもしれませんね。

 次回は元旦にも試した「1日使い放題」オプションを何気ない平日に利用した際の容量と感想を記録します。

 前回の話
 海外SIMフリー『iPad Air』で「OCN モバイル ONE」を試す、APN設定~Bluetoothテザリングまで

Source:基本通信容量繰り越しサービス – OCN モバイル ONE

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑