『NVIDIA SHIELD TABLET』がリコール、バッテリー加熱による発火の危険性

公開日: : NVIDIA

 NVIDIAが一定期間に販売した『SHIELD TABLET』を対象にリコールを発表しました。リコール対象のタブレットは内蔵バッテリーが加熱し発火する危険性があるとしています。

recall-nvidia

NVIDIA SHIELD TABLETがリコール

 NVIDIAによるとリコール対象となるのは2014年7月から2015年7月までの間に販売された『SHIELD TABLET』となっています。

リコール対象か確認する

 リコー対象の型番かを確認する方法は『SHIELD TABLET』を2015年7月1日リリースの最新ソフトウェアにアップデート(設定→タブレット情報→システムアップデート)を行い、型番をチェック(設定→タブレット情報→ステータス)します。

 この型番が”B01”であれば対象外、”Y01”であればリコール対象となります。

リコールプログラムに登録

 リコール対象となっている場合は端末のシリアル番号を控えてリコールホットラインへ申請を行う必要があります。その後、新しい『SHIELD TABLET』が届き電源を入れるとリコール対象の古い『SHIELD TABLET』はリモート操作により非アクティブ化され利用できなくなるとのこと。

 リコール品は自主回収ではなくユーザー側で処分、新品が送られてくるだけなので手続きは早そうですね。しかし、記事投稿時点で日本におけるリコールに関する発表はありません。

 最新のNVIDIA SHIELD TABLET記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

NVIDIA SHIELD TV (2017) 開封動画レビュー、早くも公開される

NVIDIAが発売したばかりの『NVIDIA SHIELD TV (2

NVIDIA SHIELD (2017) 発売、2モデルの価格・スペック

NVIDIAがCES 2017にあわせて発表したNVIDIA SHIE

ゲーミングタブレット『NVIDIA Shield Portable』はリリースされない模様

任天堂の「Nintendo Switch」へTegraプロセッサーが採

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑