Windows 10 の次期アップデート「Service Release 1(SR1)」は8月上旬リリースか

公開日: : Windows

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

 7月29日に正式リリースされた「Windows 10」の次期アップデート「Service Release 1(SR1)」が8月上旬、早ければ来週中にリリースされるだろうとTheVergeが伝えています。

IMG_1918

Windows 10 次期アップデート「Service Release 1(SR1)」

 TheVergeはMicrosoftのプランに詳しい人物からの話として、同社がWindows 10の次期アップデート「Service Release 1(SR1)」を来週、遅くとも8月上旬にリリースする可能性を伝えました。

 SR1ではWindows 7 / 8.1 から無料アップグレードを行った多くのユーザーが報告したバグの修正がメインとなり、目新しい機能の追加は行われないようです。

10月のアップデートで機能追加

 同メディアによると、Microsoftは10月のアップデートで新ブラウザ「Microsoft Edge」の拡張機能サポート、Skype統合による新しいメッセージアプリがリリースされる予定であるとのこと。

 「Microsoft Edge」の拡張機能はJavaScriptベースでGoogle製ブラウザ「Chrome」のAPIをサポートするため開発者は移植しやすいとしています。

Source:TheVerge

よく一緒に閲覧される記事

Windows 11にハンドヘルドモード投入か、第2のSteam Deckへ

Value「Steam Deck」の成功はPCとゲーム機の流れを変え

Windows 10でもAndroidアプリが起動可能に、WSAをハック

Liliputingが興味深い記事を投稿している。 とあるハッ

メモリ2GBで動くWindows11登場、古いPCが蘇る「Tiny11」がリリース

Windows 11といえばTPM2.0のセキュリティを搭載したPC

→もっと見る

PAGE TOP ↑