『SHIELD tablet』のリコール、12ヶ月間で販売した約88,000台が対象

公開日: : NVIDIA ,

 NVIDIA製Androidタブレット『SHIELD tablet』のバッテリー発火によるリコールについて、米国消費者製品安全委員会(CPSC)が対象ユニット数は約8.8万台であると掲載しました。

NVIDIA-RECALL

『SHIELD tablet』のリコール、約88,000ユニットが対象

 『SHIELD tablet』のリコール対象となるのは2014年7月から翌年7月までの期間に販売された製品となっていましたが、CPSCに具体的な数字が掲載されました。12ヶ月間で販売された約88,000台(そのうち5,000台はカナダ)となっています。

 具体的なリコール対象の型番とシリアル番号は次のようになっています。

  • モデル番号はP1761/P1761W/P1761WX
  • シリアル番号は0410215901781から0425214604018まで

 なお、『SHIELD tablet』は中国で製造されていたようです。

 上記以外でリコール対象かを確認する方法やリコールプログラムについては前回の記事より確認出来ます。

 最新のNVIDIA SHIELD TABLET記事一覧

よく一緒に閲覧される記事

NVIDIA SHIELD TV (2017) 開封動画レビュー、早くも公開される

NVIDIAが発売したばかりの『NVIDIA SHIELD TV (2

NVIDIA SHIELD (2017) 発売、2モデルの価格・スペック

NVIDIAがCES 2017にあわせて発表したNVIDIA SHIE

ゲーミングタブレット『NVIDIA Shield Portable』はリリースされない模様

任天堂の「Nintendo Switch」へTegraプロセッサーが採

→もっと見る

  •  
     

PAGE TOP ↑