Microsoft、2016年3月度セキュリティ更新プログラム(Windows Update)配信―全13件

 Microsoftは日本時間3月9日、毎月更新しているセキュリティ更新プログラムの配信を開始しました。3月度は合計13件の配信になるとしています。

ms-scurity-patch

スポンサーリンク

2016年3月度セキュリティ更新プログラム(Windows Update)

 今月は緊急 5 件、重要 8 件の合計13件となっており、「悪意のあるソフトウェアの削除ツール」では、新たにWin32/Fynloski, および Win32/Vonteera対する定義ファイルが追加されています。

 深刻度”緊急”にはInternet ExplorerとMicrosoft Edgeの、Windows Media/PDFライブラリの脆弱性について修正が行われています。

 同社は”できるだけ早期に、今月公開のセキュリティ更新プログラムを適用”するよう案内しています。

 新しいセキュリティ情報13件について詳細は下記リンクより確認できます。

Source:TechNet

Windowsの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

Microsoft、Windows XP/Server2003にもセキュリティ更新プログラム公開を発表―WannaCry等リスクに備え

Microsoftは米国時間6月13日、先月 猛威を振るったランサムウ

Microsoft、eSIM搭載『Always Connected PC』構想を発表–ASUS/VAIO/Xiaomiなど参加

Microsoftは台湾で開催中のComputex Taipei 20

『Windows 10 on ARM』は5/31発表へ #Computex2017

MicrosoftとQualcommがメディア向けに送付した招待状から

IPA、ランサムウェア「WannaCry (WannaCryptor)」感染デモ動画を公開

独立行政法人情報処理推進機構(IPA)は5月21日、Windows 7

ランサムウェア「WannaCry」の暗号化を解読、Windows XP向け解除ツール「Wannakey」配布開始

2017年5月より世界中でWindows XPに感染してファイルを暗号

データを勝手に暗号化するランサムウェア「WannaCry/Wcry」に注意、300ドル相当を要求

トレンドマイクロは5月14日、パソコン内のデータを勝手に暗号化して金銭

Microsoft、ARM版Windows 10動作デモを公開

Microsoftは5月12日、Build 2017のセッションにおい

Windows 10次期大型アップデート「Fall Creators Update」正式発表―新機能が明らかに

Microsoftは米国時間5月11日、「Build 2017」におい

Apple、『iTunes』をWindows Storeで年内提供へ

Microsoftは米国時間5月11日、開発者会議「Build 201

Microsoft、軽量版「Windows 10 S」発表―夏から各メーカーから搭載PC発売へ

Microsoftは米国時間5月2日、教育関連イベント「Learn w

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑