CHUWI HiBook Pro 製品レビュー、Retina解像度など特徴・Hi10 Proとスペック比較+開封

公開日: : 最終更新日:2016/10/05 Chuwi , , ,

 中国メーカーChuwiが2016年8月に発売したばかりの10.1型デュアルOS仕様2in1タブレットPC『CHUWI HiBook Pro』をBanggoodさんより提供いただきました。さっそく製品の特徴・スペックと開封レビューを記録したいと思います。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-00

スポンサーリンク

CHUWI HiBook Pro 製品レビュー

 『CHUWI HiBook Pro』は先日よりレビューしている「Chuwi Hi10 Pro」(GEARBESTさん提供)のスペックを向上させたバージョンといえる製品です。

 外観・筐体は全く同じで印字だけ異なるといった状態ですがディスプレイから違いがあります。

ディスプレイはOGSで高解像度

 「Chuwi Hi10 Pro」との違いはOGS(One Glass Solution)というタッチパネルとカバーレンズを一体化するパネルの厚みを低減する次世代タッチパネル技術を採用している点で、ダイレクトボンディングにより空気層がないため表示が鮮明になるのが特徴です。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-01

 解像度でもHi10 Proの1920x1200(WUXGA)を超える2560x1600となっています。

 ちなみに『CHUWI HiBook Pro』の解像度は「13インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」(価格148800円+税~/URL)と同じ、そう考えると中国メーカーの勢いは凄まじいですね。

バッテリーは大容量8,000mAh/USB Type-C搭載

 「Chuwi Hi10 Pro」のバッテリー容量は6,500mAhですが、同じ10.1インチの筐体ながら『CHUWI HiBook Pro』は8,000mAhを積んでいます。そんなスペースあったんだと素直に思いました。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-02

 上図にはUSB Type-Cを搭載し3Aチャージを実現、8,000mAhでも3時間でフル充電になるとのこと。

 外出先でも頼もしい『CHUWI HiBook Pro』ですが、肝心のモバイルバッテリー側が追いついていないため、スタバなどで1~2時間ほど滞在していれば回復できるイメージでしょうか。

 2機種ともモバイル向けタブレットとして重要なポイントを抑えていて素晴らしい。

スペック、主な仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
Chuwi HiBook Pro Chuwi Hi10
OS Android 5.1,Windows 10  Android 5.1,Windows 10 
CPU Intel Atom x5-Z8300プロセッサ
1.44GHz~1.84GHzクアッドコア
Intel Atom x5-Z8300プロセッサ
1.44GHz~1.84GHzクアッドコア
RAM 4GB 4GB
ストレージ 64GB 64GB eMMC
SDカード microSDカード最大64GB microSDカード最大128GB
液晶 10.1インチ/OGS仕様 10.1インチ
解像度 2,560x1,600 1,920 x 1,200
前面カメラ 200万画素 200万画素
背面カメラ 500万画素 200万画素
Wi-Fi 802.11b/g/n 802.11 b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
USB USB Type-C USB Type-C
映像出力 MicroHDMI microHDMI
サイズ 262.0 x 167.5 x 8.5mm 261.8 x 167.3 x 8.5mm
重さ 550g 562g
バッテリー 3.7V/8000mAh 3.7V/6500mAh

 

カメラ性能にも違いあり

 2in1タブレットなので重要な要素ではありませんが、背面カメラは「Chuwi Hi10 Pro」の200万画素よりも高い500万画素を『CHUWI HiBook Pro』は備えています。

 しかし、運動会などの大会で9.7インチiPadを使って撮影している人も見かけるので、550gと軽くて10.1インチの画面で即時チェックできるというのは魅力なのかもしれません。

 余談ですが、テレビでスーパーが店内で外食需要を取り組もうとしているというテレビ番組で、総菜を買って自宅に向かうよりもスーパー内で食事してゴミを捨てて帰るほうが気楽だと答えていた高齢者がいました。

 スマートフォンで撮影してタブレットやパソコンへコピー、編集するよりも10インチ前後で撮って、その場で家族・仲間と確認できたほうがよいのかもしれませんね。

 そう考えると10.1インチで高解像度な『CHUWI HiBook Pro』は魅力的です。

開封レビュー

 ここからはBanggoodさんから届いた『CHUWI HiBook Pro』の実機を開封した話です。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6788

 メーカー製の化粧箱からBanggood独自の発泡スチロールとなって届くという話は本当でした。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6789

 蓋を開けると同梱品が入っていました。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6794

 サイズ確認用としてiPhone 5も一緒に撮影しています。

ACアダプターを見る

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6796

 海外用ACアダプターと海外ホテルで提供されるような変換コンセントが入っていました。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6803

 ドッキングした状態。

USB Type-Cケーブル

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6804

 USB Type-Cケーブルも同梱。

本体を見る

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6805

 『CHUWI HiBook Pro』の背面、HiBookという文字ではなく”HiB”となっていました。なお「Hi10 Pro」の場合は”Hi10”となっています。2機種とも3A入力で充電できると印字されていました。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6806

 前面には保護シート、その下に液晶保護フィルムが貼られていました。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6807

 上図のような感じで保護シートを剥がすと、液晶保護フィルムが貼られている事を確認できます。

重量を知る

 今度は重さを量ります。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6808

 『CHUWI HiBook Pro』は562g、過去記事を振り返ると「Hi10 Pro」は541g、、、ディスプレイとバッテリー容量の違いを考えれば当然ですね。

Chuwi HiBook ProとHi10 Proの外観を見る

 今度は2機種を並べて外観を見てみたいと思います。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6809

 まず背面、大きな違いといえば『CHUWI HiBook Pro』にはインターフェイスの説明が印字されているくらいでしょうか。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6810

 ディスプレイ面、Windowsキーや前面カメラの位置は一緒です。しかし、近くで見てみるとパネルの中に違いがありました。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6812

 上図は左からHiBook、Hi10で、高解像度+OGS仕様のHiBookは黒くパネルの線が見えませんが、Hi10は白みがかってパネルの線が確認できます。

インターフェイスを見る

 最後にインターフェイスを比べます。

Chuwi-HiBook-Pro-Tabkul.com-Review-IMG_6813

 なぜ綺麗に重ねなかったのかというと、背面カメラの位置に強力な磁石が埋め込まれているようで重ねようとすると反発して上図の位置まで移動してしまうという理由があります。

 筐体は一緒で印字を変えたということがわかると思います。

価格

 『CHUWI HiBook Pro』を提供していただいたBanggoodさんの販売価格は23,917円となっています。Hi10 Proでレビューした物理接続キーボードが使えるので高解像度ノートパソコンとしても使えるが魅力ですね。

 次回より『CHUWI HiBook Pro』と専用キーボードの接続やWindowsやAndroidのセットアップ、ベンチマークなどを記録する予定です。

 リンク:CHUWI HiBook Pro – Banggood

Chuwiの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

3.5万円でメモリ6GB/2K液晶ノートPC『CHUWI LapBook 12.3』開封レビュー #GearBest フラッシュセール中

日本向けの日替りセールを展開中の海外通販サイト”GearBest”より

Chuwi Lapbook 12.3が早くも値下げ、GearBestがChuwiパワーセール開始:6/6まで

2017年5月に発売されたばかりのメモリ6GB搭載12.3型2K解像度

5台限定「Cube i7 4G」割引クーポンほか、Chuwi製品セールも開催中 #GearBest

日本への配送に対応する海外通販サイトGearBestにおいて4G LT

Surface風の12.3型『Chuwi SurBook』がINDEIGOGOでキャンペーン開始、価格・出荷時期

中国メーカーChuwiが背面キックスタンドに筆圧感知スタイラス、タイプ

13.5型3K『Chuwi Hi13』の筆圧感知ペン「HiPen H3」試用レビュー、電池や書き心地ほか

日本展開に注力する海外通販サイトGearBestより3Kディスプレイを

筆圧ペン3K液晶『Chuwi Hi13』の着脱式キーボード開封レビュー

13.5インチの大きなディスプレイに筆圧感知1024段階のペンと3K解

筆圧感知12.3型『Chuwi SurBook』発表、SurfaceデザインにRAM6GBなどスペック

Chuwiは日本時間4月19日、Microsoft Surfaceシリ

Chuwi Lapbook 12.3のスペックが判明、Asia World Expoで正式発表へ

中国メーカーChuwiは4月14日、12.3インチの最新ノートパソコン

『Chuwi Hi13』のベンチマークスコアやディスク読み書き速度、3Kディスプレイ設定ほかレビュー #GearBest 提供

3Kディスプレイに1024段階の筆圧感知ペンに対応する大画面13.5イ

1024段階ペン+3K液晶『Chuwi Hi13』開封レビュー、GearBestで値下げセール中

中国メーカーChuwiの3K解像度を持つ最新2in1タブレット『Chu

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑