通信3社プラチナバンド対応5.7型『Xiaomi Mi Note 2』発表、スペック・価格・対応周波数

公開日: : Xiaomi

 中国メーカーXiaomiは10月25日、北京で開催した新製品発表イベントにおいて最新フラッグシップ・ファブレット端末5.7型『Xiaomi Mi Note 2』を発表しました。

Xiaomi-Mi-Note-2_1

スポンサーリンク

Xiaomi Mi Note 2のスペック・価格・対応周波数

Xiaomi-Mi-Note-2_2-1

 『Xiaomi Mi Note 2』は事前にリークされていたエッジがカーブするデザインに加え、背面の筐体もカーブした「デュアル・カーブ」として5.7インチと大画面ながら持ちやすさを確保しています。

筐体・ディスプレイについて

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_1

 前面3Dガラス、背面も3Dガラスを採用した美しい筐体を実現しています。

フレキシブルOLEDディスプレイ採用

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_2

 先ほどのカーブした3Dガラスの内側にはフレキシブルOLEDディスプレイを内蔵、カーブに対して完全にフィットしているのが特徴です。

画面占有率など

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_3

 5.7インチの画面占有率は77.2%となっていました。読書モードが用意されており、ブルーライトのカットがシステムに近いレベルで行えそうです。

高い処理性能

 『Xiaomi Mi Note 2』はフラッグシップと名乗るだけの処理性能を誇っており、Qualcomm製Snapdragon 821プロセッサにRAM最大6GB、内部ストレージ最大128GBを搭載しています。

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_8

 バッテリー容量は4,070mAhでQualcommの急速充電規格Quick Charge 3.0(2A)をサポート。

 駆動時間はスタンバイで240H、音楽再生139H、ビデオ再生15.73H、読書22H、ゲーム12H、通話46H、ナビゲーション13Hとなっていました。

NFC機能に期待

 フルNFC機能として、銀行カードでの支払いやバスカードの読み込みとチャージが行えるとあります。

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_9

 中国のアップルとして名を広めただけにiPhone 7シリーズでAppleが採用したNFCの全規格に対応している可能性があります。もしFeliCaまでサポートしていれば日本でも人気となるかもしれません。

実用的なカメラ性能

 『Xiaomi Mi Note 2』の前面カメラは800万画素を搭載、フロントでは採用が見送られるオートフォーカスに対応しているだけでなく、セルフタイマー時に鮮明な映像になるのを待ってくれるタイムオートフォーカス機能を搭載、グループ撮影で発揮するようです。

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_12

 Beautify 3.0により目を大きく見せたり、小顔にしたりといった自撮りユーザーが喜ぶ機能を搭載、

背面カメラは2,256万画素

 『Xiaomi Mi Note 2』の背面カメラは2,256万画素、驚きの5,488x4,112解像度となっています。

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_17

 ソニー製IMX318センサーを搭載。

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_15

 さらに4K動画撮影、3軸手ぶれ補正を搭載しているのが特徴です。

モバイル通信・対応周波数

 『Xiaomi Mi Note 2』は中国向け2モデルとグローバル向けモデルの3モデル展開となっていますが、このうちグローバルモデルは6タイプ37バンドと幅広い周波数に対応しているのが特徴です。

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_18

 SIMカードはNanoSIMx2基のデュアルSIM仕様。

 主な対応周波数は次のようになっています。

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_20

全球版(グローバルモデル)

  • FDD-LTE (B1,B2,B3,B4,B5,B7,B8,B12,B13,B17,
  • B18,B19,B20,B25,B26,B28,B29,B30)
  • TDD-LTE (B38,B39,B40,B41)
  • TD-SCDMA (B34,B39)
  • WCDMA (B1,B2,B4,B5,B8)
  • GSM (B2,B3,B5,B8)
  • CDMA (BC0,B1,B10,B15)

全网通

  • FDD-LTE (B1,B3,B5,B7)
  • TDD-LTE (B38,B39,B40,B41)
  • TD-SCDMA (B34,B39)
  • WCDMA (B1,B2,B5,B8)
  • GSM (B2,B3,B5,B8)
  • CDMA (BC0)

 グローバルモデルはドコモ(B19)au(B18)ソフトバンク(B8)のプラチナバンドをサポート、10月19日にはソフトバンクが回線料を3割超えの値下げを行いドコモと同等になるというニュースが入りましたが、『Xiaomi Mi Note 2』であれば格安SIMカードを使う際も回線種別に悩まなくて済みそうです。

 →ソフトバンク、格安スマホ向け回線料を3割超引下げへ―大手3社の接続料

Xiaomi-Mi-Note-2-specs_19

 LTEを幅広く網羅した『Xiaomi Mi Note 2』のグローバルモデル。

スペック、主な仕様

 タブクル調べ
 tabkul.com
Xiaomi Mi Note 2
OS Android ベース MIUI 8
CPU Qualcomm Snapdragon 821 MSM8996 最大2.35GHz / Adreno 530
RAM 4GB / 6GB
ストレージ 64GB / 128GB
液晶 5.7インチ
解像度 1920 x 1080
前面カメラ 800万画素AF
背面カメラ 2,256万画素f/2.0AF手ぶれ補正
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac
GPS  GPS+A-GPS+Glonass
Bluetooth Bluetooth 4.2
USB USB Type-C
サイズ 156.2 x 77.3 x 7.6 mm
重さ 166g
バッテリー 4070mAh

 ※センサー:赤外線、環境光、ジャイロ、ホール、加速度、コンパス、近接、バロメーター。

価格・発売日

Xiaomi-Mi-Note-2_5-1600x800

 『Xiaomi Mi Note 2』の発売日は11月1日、価格は次のようになっています。

  • RAM4GB+ROM64GB:2,799元(約4.3万円)
  • RAM6GB+ROM128GB:3,299元(約5.1万円)
  • RAM6GB+ROM128GB+グローバルモデル:3,499元(約5.4万円)

 このスペックにして定価5.4万円は安すぎると言えます。先日リリースされたばかりの『Xiaomi Mi 5s』がGEARBESTでセール販売されていたので、そう遠くない日に『Xiaomi Mi Note 2』のセールが実施されると思われます。

 同時発表の6.4型『Xiaomi Mi MIX』は3辺ベゼルレスで驚異の画面占有率91.3%を実現しており、2製品とも力作と言える製品に仕上がっています。

 →超ベゼルレス6.4型『Xiaomi Mi MIX』発表、価格・スペック・発売日・対応周波数―iPhone 7 Plusとの比較

 Source:Xiaomi Mi Note 2

Xiaomiの記事一覧へ

スポンサーリンク

関連コンテンツ

スポンサーリンク

シャオミがWPC参加、Xiaomi Mi 7 はワイヤレス充電に対応か―Snapdragon 845などスペック

中国シャオミがワイヤレス充電の団体WPCに加盟しました。これによりXi

Snapdragon 835+RAM6GBの『Xiaomi Chiron』登場 #GFXBench

中国シャオミのベゼルレス・スマートフォン「Xiaomi Mi MIX

Xiaomi Mi MIX 2の開封・ハンズオン動画が公開される

中国シャオミが昨日発表した最新ベゼルレス・スマートフォン『Xiaomi

Xiaomi、最大メモリ16GB『Mi Notebook Pro』発表―スペック・価格

中国シャオミは現地時間9月11日、北京にて午後3時より開始された新製品

Xiaomi、顔認証5.5インチ『Mi Note 3』発表―スペック・価格・発売日

中国シャオミは現地時間9月11日、北京にて午後3時より開始された新製品

Xiaomi、ベゼルレス『Mi MIX 2』発表―スペック・発売日・価格

中国シャオミは現地時間9月11日、北京にて午後3時より開始された新製品

シャオミ初のAndroid Oneスマホ『Xiaomi Mi A1』発表、スペック・価格・発売日

中国シャオミが初となるAndroid Oneを採用したピュアAndro

『Xiaomi Mi Note 3』も9月11日に発表へ、ティザー画像が公開

中国シャオミが9月11日に発表イベントを開催しますが、Lin Bin社

早くも『Xiaomi Mi MIX 2』の化粧箱・パッケージがリーク

中国シャオミが現地時間9月11日に開催するイベントで発表される『Xia

Xiaomi Mi A1がGeekbenchに登場、RAM4GBなどスペック

中国シャオミが計画していると伝えられていたピュアAndroid OSを

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑