iPad Air 2/iPad Air/iPad mini 3/iPad mini 2の4機種スペック比較、購入するか考える

公開日: : Apple ,

 Appleが新しいiPadシリーズを発表しました。新旧iPad Air/iPad miniシリーズ4機種スペック比較表を作成したので記録します。

iPad-Touchid-include

スポンサーリンク

新旧iPad Air/iPad miniシリーズ4機種スペック比較表

 今回、『iPad Air 2』は新しいA8XチップとM8モーションコプロセッサを搭載、iSightカメラも800万画素になるなど進化を遂げましたが、『iPad mini 3』はTouch ID搭載しただけに過ぎずイベントでも流すように紹介されました。また、iPad mini Retinaは『iPad mini 2』へと名称を変え価格も手頃な印象です。

 新旧iPad Air/iPad miniシリーズ4機種スペック比較表は以下のとおり。

 タブクル調べ
 tabkul.com
Apple iPad Air 2 Apple iPad Air Apple iPad mini 3 Apple iPad mini 2
CPU A8Xチップ/M8モーションコプロセッサ(64bit) A7チップ/M7モーションコプロセッサ(64bit) A7チップ/M7モーションコプロセッサ(64bit) A7チップ/M7モーションコプロセッサ(64bit)
ストレージ 16GB/64GB/128GB 16GB/32GB 16GB/64GB/128GB 16GB/32GB
RAM 不明 1GB 不明(恐らく1GB 1GB
液晶 9.7インチ/IPS液晶 9.7インチ/IPS液晶 7.9インチ/IPS液晶 7.9インチ/IPS液晶
解像度 2,048 x 1,536/264ppi 2,048 x 1,536/264ppi 2048×1536/326ppi 2048×1536/326ppi
前面カメラ 120万画素 120万画素 120万画素 120万画素
背面カメラ 800万画素 500万画素 500万画素 500万画素
Wi-Fi 802.11a/b/g/n/ac 802.11a/b/g/n 802.11a/b/g/n 802.11a/b/g/n
Bluetooth Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0 Bluetooth 4.0
サイズ 240×169.5x6.1mm 240×169.5×7.5mm 200 x 134.7 x 7.5mm 200 x 134.7 x 7.5mm
重さ 437g/セルラー444g 469g/セルラー478g 331g/セルラー341g 331g/セルラー341g
バッテリー 最大10時間 最大10時間 最大10時間 最大10時間
価格 53,800円/セルラー67,800円 42,800円/セルラー56,800円 42,800円/セルラー56,800円 31,800円/セルラー45,800円
その他 指紋認証センサー/フルラミネーションディスプレイ、反射防止コーティング/Touch ID、気圧計/ゴールド追加   指紋認証センサー(Touch ID)/ゴールド追加  

 赤字部分と「その他」欄が新しい仕様となっています。

iPad mini 3 はTouch ID搭載がメイン

 一覧すると『iPad Air 2』に比べ『iPad mini 3』はTouch IDと内部ストレージ、ゴールド色が追加されただけであることがわかります。なお、チップも変更されていないのでRAM 1GBのままだと思われます。

iPad Air 2 は薄く軽く、高性能に

 『iPad Air 2』は処理性能を40%向上、カメラも800万画素へ進化、Wi-Fiはac対応、重量もiPad miniシリーズと約100g差までに迫っています。iPad全シリーズで唯一「気圧計」に対応しました。ディスプレイ部では反射防止コーティングや古ラミネーションディスプレイが追加されています。厚みは1.4mm薄くなり6.1mmとなっており「曲がった」という話題がiPhone 6に続き再び登場するかもしれません。

 新しいiSightカメラには、パノラマ、タイムラプスビデオ、スローモーション、バーストモード、タイマーモードが加わったほか、画素数こそ同じながら前面のFaceTime HDカメラも再設計しているとのこと。

 あとはRAM 2GBなのか知りたいですね。

Bluetoothの話

 Bluetooth SIGは以前、Appleが省電力な「Bluetooth 4.1」に対応しないであろうと伝えていましたが、確かに「Bluetooth 4.0」のままでした。iPadシリーズで対応してくれたら一気に普及すると期待していたので残念です。OSレベルで対応できることを願うばかりです。

 GoogleのAndroid OSおよびNexusシリーズはBluetooth 4.1に対応することが昨日の発表で明らかになっています。

新旧iPad Air/iPad miniシリーズ4機種で買い時なタブレットを探す

 買い時なタブレットとしては、今後のAppleが力を入れるであろうApple Payに対応し順当な進化を遂げた『iPad Air 2』が挙げられます。最新プロセッサと絡めて発表された写真/動画の編集アプリからも最新のiOS体験をするなら『iPad Air 2』を購入するのが良さそうです。また、『iPad Air 2』が人気となれば初代「iPad Air」を手放すユーザーも増えるため買い替えによる中古価格の下落が期待できそうです。

 次にTouch ID非搭載ながら現行モデル同等のスペックである『iPad mini 2』(iPad mini Retina)のWi-Fi16GBモデルが31,800円、SIMフリー16GBモデルが45,800円と手頃な価格になっていて、最初の「iPad mini」としてオススメだと思います。『iPad mini 3』はスペックが向上していないため、「ゴールドが欲しい」「ストレージに128GBないと困る」「iPhoneではなく、小さいタブレットで”Touch ID”を体験したい」といった要望を持つユーザーに限定されそうです。

 私は4機種から選ぶなら『iPad Air 2』を購入すると思いますが、『Nexus 9』もまた欲しいので検討中です。iPadシリーズは購入すれば必ず使い倒せますが、大画面Android「Nexus 10」が思ったより使わなかったので躊躇しています。

 発表イベントのライブ記事は以下より確認できます。
 ライブ中継:Apple、新型iPadシリーズの発表イベント開催

 Apple の最新記事

Appleの記事一覧へ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

新しいApple Pencil、2017年3月に新型iPad Proと同時発表か

Appleが新型iPadシリーズと一緒に手書き入力デバイス『Apple

次期iPhoneはステンレスフレームを採用か、iPhone 4のようなデザインとも

2017年リリースのiPhoneについて、フレームにステンレススチール

1/2限り、Apple初売りセール開始―対象デバイス購入で最大16500円分ギフトカード進呈

Appleが1月2日限定で「初売り」セールを開始しました。iPhone

Apple、デュアルカメラ仕様5インチ iPhone 開発中か

Macお宝鑑定団Blogは12月27日、Appleの次期iPhoneが

次期iPadシリーズ向けA10Xチップに遅れ、2017年3月の発売に影響か―Qualcomm 835など

台湾の半導体製造TSMCが予想を下回る歩留まり率で、2017年Q1に

Apple、1月2日に「初売り」を開催と発表―期間中の営業時間など

Apple Japanが1月2日にオンラインショップとApple S

AirPodsの落下耐久と洗濯機・水没テスト動画が公開される

Appleが発売したワイヤレスイヤホン『AirPods』の落下耐久テ

「Apple AirPods」がAndroidデバイスなどで利用可能と判明、ペアリング方法

Appleが発売したワイヤレスイヤホン『AirPods』がAndro

Apple製ワイヤレスイヤホン『AirPods』をiFixitが分解

ようやくAppleから発売されたワイヤレスイヤホン『AirPods』を

Apple、延期の「AirPods」を発売―早くも初回分が完売に

 Appleは12月14日、長らく販売を延期してきた完全ワイヤレスのイ

→もっと見る



  • スマートフォン最新情報『スマ部』を見る
PAGE TOP ↑