アマゾンの『Fire TV』シリーズ選び「格安か性能か」、9/26まで最大4,000円OFF

 アマゾンが新たにリリースしたHDMIドングル・セットトップボックスの『Fire TV』シリーズが欲しくなりました。

 しかし、持ち運びが容易な格安スティック端末『Fire TV Stick』にすべきか、気軽に持ち歩けないけど性能が高い『Amazon Fire TV』か非常に悩んでいます。

 何ができて、どの機能を求めているのか整理、欲しい端末を見極めたいと思います。

amazon-fire-tv-hikaku

アマゾンの『Fire TV』シリーズ選び―「格安か性能か」

 はじめに先日リリースされた『Fire タブレット』を注文しておきながら『Fire TV』シリーズが欲しくなった理由を振り返ります。

Fire タブレットとFire TVシリーズの違い

 Amazon製タブレットを複数台も所有しておきながら『Fire タブレット』が欲しくなったのは初めてmicroSDカードスロットを搭載し、映像見放題サービス「プライム・ビデオ」を保存できるのが理由です。「プライム・ビデオ」はキッズ向け番組もあり、持ち運べるとあれば活用範囲は広いと判断しました。

 その一方、『Fire TV』シリーズのセットトップボックス型はmicroSDカードスロットを内蔵していますが肝心の「プライム・ビデオ」を保存できません。これは恐らく持ち運ぶ端末ではないことが理由だと思います。

 それでは何故『Fire TV』シリーズが欲しくなったかというとChromecastとは異なり単体で動作することに魅力に感じたからです。スマートフォンやタブレットからキャストせずにテレビ等の大画面に単体でHuluやNetflixなどを表示できて、かつ操作は付属のリモコンまたはスマートフォンで行える家電っぽさは是非とも体験したいと思いました。

Fire TVシリーズ3機種の違い

 Fire TVシリーズ3機種は価格に応じた機能の違いが存在します。

fire-TV-stick-06

 価格4,980円(キャンペーンで実質980円または1,980円)という最も安い「Fire TV Stick」は付属のリモコンが音声認識に対応していません。

 価格6,480円(キャンペーンで実質2,480円または3,480円)の『Fire TV Stick 音声認識リモコン付属』は最安モデルと基本スペックは同じながら名前のとおり音声認識リモコンが付属しています。

amazon-fire-tv-06

上図は音声認識リモコン

 そして、唯一HDMIドングルではなくセットトップボックスとなった『Amazon Fire TV』は音声認識リモコン付属に加え、処理性能が全体的に2倍近くまで向上しています。

Amazon純正コントローラー対応

amazon-fire-tv-07

 『Amazon Fire TV』だけはAmazon純正コントローラーに対応しており、ゲームやアプリはもちろん通常のリモコン操作まで1つのデバイスで行えるようになります。

スティック型とセットトップボックス型の用途

 場所をとらず電源も僅か、携帯して持ち運びも容易な上に格安で必要最低限の機能を備えたスティック端末『Fire TV Stick』は魅力的、複数のテレビで使う場合は迷わずスティック端末が良いと思います。

 リビングなど特定のテレビでしか使わないというのであればWi-Fi 11acと有線LANに対応してハイパフォーマンスのゲームにも耐えられる『Amazon Fire TV』が良さそうです。

amazon-fire-tv-02

 ファイナルファンタジーやMinecraftなどファイルサイズが大きいゲームを多数ダウンロードしても最大128GBのmicroSDカードをサポートしているので容量不足の心配はなく、専用ゲームコントローラーでプレイできるのもポイントです。

Nexus Player vs Amazon Fire TV

nexus-player-00

 セットトップボックスの『Amazon Fire TV』はGoogleの「Nexus Player」(12,800円)とも競合する製品となっています。

Nexus Playerの仕様・スペック

nexus-player-01

 2機種を比べると4K映像出力やRAM 2GB搭載の『Amazon Fire TV』が良さそうです。価格差180円ですが『Amazon Fire TV』はキャンペーンを利用すれば実質8,980円または9,980円で購入できます。

 プライム・ビデオを視聴できず、セールを実施していない「Nexus Player」は選べそうにありません。

Fire TVシリーズで何を選ぶか

 遅延なく映像配信サービスを楽しみたいのであれば有線LAN+Wi-Fi 11ac対応の『Amazon Fire TV』、複数のHDMI搭載モニターを行き来するのであれば『Fire TV Stick』という結論になりました。

 価格的な話をすれば定価4,980円という低価格商品を1,980円または実質980円まで値下げするというのはプライム会員獲得という目的があればこそ、そう考えると滅多にない破格オファーは『Fire TV Stick』なのかもしれません。

 う~ん、、、選べない、2つも欲しい。

 、、、というわけでリビング用に『Amazon Fire TV』と携帯用(プロジェクターや小型モニターなど)に『Fire TV Stick』を予約注文することにしました。

価格・発売日・キャンペーン

 全て10月28日を発売予定日としています。

 9月26日までの期間限定で3,000円OFF(新規プライム会員はAmazonギフト券4,000円分プレゼント)となるキャンペーンを実施しています。対象は『Fire TV』シリーズ限定。

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV

Amazon Fire TV
Amazon
価格: 12,980円 レビュー-件(2015/09/25現在)

プライム会員なら3,000円OFFの9,980円、新規プライム会員はAmazonギフト券4,000円分がプレゼント。



Amazon Fire TV ゲームコントローラー (音声認識機能付き)

Amazon Fire TV ゲームコントローラー (音声認識機能付き)

Amazon Fire TV ゲームコントローラー (音声認識機能付き)
Amazon
価格: 5,980円 レビュー-件(2015/09/25現在)

 



Fire TV Stickの価格

Fire TV Stick

Fire TV Stick
Amazon
価格: 4,980円 レビュー-件(2015/09/25現在)

 



 

発表時の記事を見る

 『Amazon Fire TV』の発表記事は次のリンクより確認できます。

アマゾン、4Kとゲームコントローラー対応『Amazon Fire TV』発表―価格・発売日・キャンペーン

 『Fire TV Stick』の発表記事は次のリンクより確認できます。

アマゾンジャパン、プライム・ビデオやHuluが楽しめるスティック端末『Fire TV Stick』を4980円~発表―9/26まで3,000円OFF

よく一緒に閲覧される記事

(祭り2日目)Kindleシリーズ3機種が最大8000円OFFに

Amazonタイムセール祭り初日、6インチの電子書籍リーダー『Ki

(祭り)Fire 7 タブレットが特価3480円に、増税前SALE

2019年5月にリリースされたAlexaを搭載した『Fire 7

(祭り目玉)Fire HD 8が増税前SALEで5680円に値下げ中

アマゾンジャパンがFire HD 8 タブレットを通常価格8980円か

→もっと見る

PAGE TOP ↑