GoogleがVRプラットフォーム『Daydream』発表、Nexusスタイルでハード開発へ

 Googleは米国時間5月18日、Google I/O 2016のセッションにおいてVRプラットフォーム『Daydream』を発表しました。翌日には同社製ヘッドセットとコントローラー、スマートフォンをNexusと同じようにパートナー企業が開発するスタイルで発売する計画を明らかにしています。

Daydream-0

Google、VRプラットフォーム『Daydream』と専用ハード開発へ

 Googleは過去にダンボール製VRヘッドセット「Cardboard」を発表しましたが、Oculus RiftやHTC Viveに比べて没入感などの体験で見劣りしていました。今回アナウンスされた『Daydream』はVR体験を更に進化、向上させることを目的としたプラットフォームです。

Daydream-2

 『Daydream』は”Daydream Ready”が与えられたAndroidスマートフォンとヘッドセット、コントローラーで構成され、次期OS「Android N」で採用される「VR Mode」を利用して頭部の動きを追跡したり、映像の乱れを少なくする素早い表示を実現する計画としています。

開発パートナーとリリース時期

 『Daydream』に対応するDaydream Readyなスマートフォンが次のパートナーからリリースされる予定で、SIMフリースマートフォンを日本で展開しているASUSやZTEといったメーカー名も確認できます。

Daydream-1

 『Daydream』はGoogleのストリートビューやフォト、YouTubeなどが公式アプリとして対応するとしており、2016年秋リリースに向けて開発者向けSDKの配布も開始されています。

 Source:DayDream

よく一緒に閲覧される記事

すかいらーくが配膳ロボット「BellaBot」導入を発表、主な機能・スペック

すかいらーくホールディングスは2021年10月18日、配膳ロボット「B

TCL、最新の透明カラーレンズ搭載スマートグラス動画を公開

中国TCLは現地時間10月15日、MicroLEDディスプレイで実現し

豆乳メーカー「小さな豆乳工場」購入レビュー、自家製ヨーグルトが簡単に

はちみつ+豆乳だけで作った自家製ヨーグルト(前回の記事へ)は油断すると

→もっと見る

PAGE TOP ↑