iPhone7の最小ストレージは32GBで最大256GBか、耐水性の向上も:WSJ

公開日: : Apple ,

 iPhone 7 のストレージについて現行の最小容量である16GBがなくなり、32GBから提供される可能性をThe Wall Street Jounalが報じました。

iPhone-7-storage-WSJ

iPhone 7 の最小ストレージ16GBは廃止か

 The Wall Street JounalはApple iPhoneの計画に詳しい人物からの話としてカメラ性能の向上にともない多くの写真保存を求められることも理由であるとして、エントリーレベルのストレージを16GBから32GBに変更し最大ストレージは256GBになるかもしれないと伝えました。

 また筐体についてデザインに大きな変更はなく、少し薄くなるかもしれないとしたほか、耐水性が向上する可能性があるとのこと。その薄くなり耐水性を持つことと関係しているのか不明ですが、以前より伝えられていたヘッドホンジャックが廃止されLightningポート経由またはワイヤレス経由でサウンドを楽しむようになるだろうと伝えています。

 iPhone 7 Plusについては5.5インチでデュアルカメラを搭載、iPhone 7は4.7インチでシングルレンズながらカメラホールが大型化しており画質が向上しているというリーク情報もありました。

 前回の話
 iPhone7向けイヤホンか、Lightning EarPodsとする写真が登場

Source:The Wall Street Jounal

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 11シリーズや第7世代iPadのRAMが判明、Apple Watch 5のCPU等も

Appleが米国時間9月10日に発表した『iPhone11』や新し

iPhone XRが大幅値下げ、後継機種「iPhone11」とのスペック比較・価格差

Appleは米国時間9月10日、クパチーノで開催したイベントでiP

新型iPad(10.2インチ)は買いか、iPad Airや第6世代iPadとスペック・価格を比較

エントリー向けiPadが充実してきている。 第6世代でApple

→もっと見る

PAGE TOP ↑