TSMC、「iPhone8」はホームボタン廃止など一部仕様を明らかに

公開日: : Apple

 この記事にはアフィリエイト広告・広告が含まれています。

ファウンドリー最大手の台湾積体電路製造(TSMC)は5月25日、年次技術フォーラムにおいて年内発売が見込まれるAppleの「iPhone8」はホームボタンが廃止され、ディスプレイ上で指紋認証が行えるなど機能性の向上を説明しました。

iPhone-8-image-02

「iPhone8」はホームボタン廃止など一部仕様を明らかに

TSMCはフォーラムにおいて、10周年モデルとなる「iPhone 8」は3Dガラス筐体に有機EL(OLED)ディスプレイを採用、アスペクト比は16:9から18.5:9に変更するとしています。

さらにホームボタンを廃止し、ディスプレイ内部にTouch IDを埋め込むことで画面上の指紋認証を実現、同技術はライバルであるSamsungも追随できないとしています。

カメラでは赤外線センサーを搭載、顔認証を導入しモバイル決済を充実させるとのこと。またワイヤレス充電も可能になるとしています。

これまでリークされてきた内容をまとめたような発表となりました。海外メディアなどはファウンドリー事業部を立ち上げて追随するSamsungに対するAppleとの強い関係を示したい狙いがあるのではないかと伝えています。

Source:DIGITIMES

よく一緒に閲覧される記事

iPhoneからiMacまでApple特集セール実施中、初日の在庫状況(アマゾン新生活SALE)

アマゾンジャパンが2024年3月1日午前9時より開催した新生

Apple初の折り畳み端末は「iPhoneより大きな端末」と業界紙

かねてより噂されているAppleの折り畳みディスプレイ搭載デ

2024年3月モデルか、新型iPad Pro/iPad Air/12.9インチiPad Airの本体サイズが流出

Appleが2024年3月にも発表するのではないかと見られて

→もっと見る

PAGE TOP ↑