Windows Subsystem for Linuxが今秋にも正式リリースへ

公開日: : Windows

Microsoftは米国時間7月28日、ベータ版として提供していた『Windows Subsystem for Linux』を今秋にも正式にリリースすることを発表しました。

microsoft-news-20170729

Windows Subsystem for Linuxが今秋にも正式リリース

Microsoftは今秋リリース予定の「Windows 10 Fall Creators Update」でLinuxのコマンドラインツールやファイル共有といったことが仮想マシンを使わずに実現できる「Windows Subsystem for Linux」をベータ版ではない正式機能として提供することを明らかにしました。

同機能は当初、開発者向けとして有効かを行う必要がありましたが、Build 16215では制限が解除されており、Windows上でのLinux活用が広がりそうです。

LinuxシステムというとApacheやMySQLといったサーバー運用、GUIソフトウェアの利用を期待してしまいますが、そういった方面ではなく”開発向け”となるようです。

Source:Microsoft

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑