Appleが日本の電子書籍を販売開始か、大手出版社と大筋合意で約8万冊見込み

公開日: : 電子書籍

日本経済新聞は、米アップルが日本の電子書籍販売事業へ参入すると伝えています。

書籍は、講談社や小学館、角川グループホールディングスなど

大手出版社から提供を受けることを大筋で合意したとの事です。

iBookstore-1

Appleが日本の電子書籍を販売開始か

アップルの(日本語の)書籍数は、アマゾンと同等で約8万冊の見込みとしています。

アップルは初代 iPad 発売時に「iBook Store」を開設するも

出版社との調整が難しいなどとして長らく休止状態が続いていました。

今回の合意により「iBook Store」から日本の漫画などが配信できる事になります。

アマゾンの kindle シリーズ販売開始など電子書籍への流れが加速しています。

出版社としては特定の会社に許可した以上、競争させたい思惑もあるのかもしれません。

これで アマゾン、グーグル、アップルと電子書籍の主要プレイヤーが揃いました。

Source : 日本経済新聞 , iBooks

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑