Windows 8 入門03 | 画像の表示を フォト から フォト ビューアー へ変更する

公開日: : 最終更新日:2013/04/06 Windows

Windows 8 の IdeaPad Yoga 13 を使用して色々と新OSの便利さを実感しますが、Windows 7 と比較して使い勝手が変更されて戸惑うシーンも出てきています。その中でも画像の表示方法では、閲覧しにくい困った変更点がありました。

Windows photo viewer setting-1_R

Windows 8 フォト ビューアー への変更

エクスプローラーから画像ファイルを開くと標準で新しい閲覧ソフト「フォト」が起動するよう設定されています。
この「フォト」は癖がありまして

開いた画像の前後へ移動ができません。

これは辛い
画像1と画像2を閲覧したいケースを考えてみます。
前提:ファイルエクスプローラーから画像ファイルを開いた時の話です。

  1. 画像1を開いて「フォト」が起動します。
  2. 画像2を閲覧したくても「フォト」からは移動できません。
  3. 一度「フォト」を閉じて、画像2を開きます。
  4. 再び画像1を見たい場合は、画像2を閉じて再度、画像1を開きます。

もちろん、新UIからフォトを起動した時は前後の画像へ移動が可能でした。

「フォト」の対策を考える

画像を移動できない「フォト」ではなく、昔ながらの「フォト ビューアー」を使いたい場合は

  1. 閲覧したい画像ファイルに対してメニューを表示させて
  2. 「プログラムから開く」を選択します。
  3. プログラムの中から「フォト ビューアー」を起動します。

しかし、この方法を毎回行うと時間も手間もかかってしまいます。
そこで基本的な設定を変更したいと思います。

「フォト ビューアー」に設定する

最初の操作は先ほどと同じような感じです

  1. 閲覧したい画像ファイルに対してメニューを表示させて
  2. 「プログラムから開く」を選択します。
  3. 表示されたメニューから「既定のプログラムの選択」を選びます。
  4. 「Windows フォト ビューアー」を選びます。

Windows photo viewer setting_R

「すべての .jpgファイルでこのアプリを使う」となっているので拡張子ごとに作業しなければなりません。

<前回までの Windows 8 入門>
Windows 8 入門02 | Microsoftアカウントを取得する

<次回の Windows 8 入門>
Windows 8 で mp3 変換ソフト『CDex』は使えるか、初期設定と動作レビュー(入門04)

よく一緒に閲覧される記事

ATM/POS等に危険迫る、WindowsXPなどのソースコード漏洩か

銀行のATMやクレジットカード決済を行う際のPOSシステム、組み込みデ

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

→もっと見る

PAGE TOP ↑