Qualcomm、最初のWindows 10 ARM PCはSnapdragon 835搭載―年内リリースへ

公開日: : Windows

QualcommはIFA2017にて、常時接続で軽量な筐体にフルWindows OSが使える最初の『Windows 10 ARM PC』にSnapdragon 835を搭載することを明らかにしたと伝えられています

windows10-qualcomm-snapdragon_thumbnail_0

Qualcomm、最初のWindows 10 ARM PCはSnapdragon 835搭載

QualcommとMicrosoftが2017年4月に年内リリースを明らかにした『Windows 10 ARM PC』ですが、今回IFA2017において当初のデモにも採用されていたSnapdragon 835が最初のデバイスで搭載されることを確認したと伝えられています。

これまでWindows 10はx86チップのみで動作していましたが、クアルコムとマイクロソフトはARMベースのWindows 10 PCを共同開発、Adobeソフトウェア「Photoshop」の動作デモなどが行われています。

MicrosoftはComputex Taipei 2017においてQualcommと協力して展開する常時接続PC『Always Connected PC』構想を発表、SIMカードの差し替えを行うことなくWindows上から通信キャリアを変更できる「eSIM」の搭載や参加企業が明らかにされています。

前回の話
Snapdragon 845の存在が明らかに、Windows 10 on ARM搭載PCで採用か

Source:Windows Latest

よく一緒に閲覧される記事

2019年4月度:Windows向けウィルス対策ソフトのランキング、MSがトップ評価に

ドイツのセキュリティ専門会社AV-TESTが2019年4月度のWi

5分でLumiaスマホにWindows 10導入、Lumia 950 XL向けROMリリース

Windows 10がARMプロセッサでも動作するようになり、そこへ終

Windows 10 Mobileは終わり、Windows PhoneはARMで蘇る。

スマートフォンにWindowsシステムを連れてくる夢のOS「Windo

→もっと見る

PAGE TOP ↑