世界50言語サポートの通訳デバイス『POCKETALK』発表、価格・発売日・スペック・動画

公開日: : 周辺機器 , ,

ソースネクストは10月23日、世界50言語以上に対応する通訳デバイス「POCKETALK」(ポケトーク)を発表しました。発売日は12月14日で本体価格は24800円+税、海外でも使える専用グローバルSIM(2年)も単体またはセットで販売されています。

sourcenext-pocketalk

『POCKETALK』(ポケトーク)の価格・発売日・動画

『POCKETALK』(ポケトーク)は英語からペルシャ語まで世界50言語以上から任意の2言語を選んで会話ができる翻訳デバイス。操作方法は画面をタップして話しかけるだけで設定した言語に翻訳し発声します。また、20件まで履歴を表示し、選択して再生することもできるとしています。

sourcenext-pocketalk.1

ソースネクストは強みとしてクラウド上の最新翻訳エンジンを使った翻訳精度の高さを挙げています。連続で最大6時間バッテリー。

スペック、主な仕様

『POCKETALK』はWi-Fiに加えモバイル通信W-CDMA方式(3Gのみ)が利用できます。対応周波数は850/1900/2100MHzに対応。日本国内では2100MHz(docomo)で利用可能。

Bluetooth4.0搭載ながら現在は利用できないとのこと。

 

sourcenext-pocketalk.2

本体サイズは110×60×16mm、重量は約90gとしています。同梱のMicroUSBケーブルで充電します。

sourcenext-pocketalk.3

価格・発売日・カラーバリエーション

『POCKETALK』のカラーバリエーションはホワイト・ブラックの2色展開となっています。

本体価格は24800円+税、世界61ヵ国で使える専用グローバルSIM(2年)が単体で1万円+税、端末セットでは29800円+税にて設定されています。

いずれも発売日は12月14日、すでに予約受付が開始されています。

Source:ソースネクスト

よく一緒に閲覧される記事

ソニーが「nasne」出荷終了へ、PS4/PC等でテレビ視聴できるレコーダー/NAS

ソニー・インタラクティブエンタテインメント(SIE)が、ネットワー

Nintendo Switch Miniの保護ケースが小売店に掲載、その数は11種類

任天堂が廉価版Nintendo Switchを準備しているという噂

Nintendo SwitchのAndroid化、遂に3Dゲームが可能に

Nintendo SwitchをAndroid端末として使えるよう

→もっと見る

PAGE TOP ↑