Samsung、スマホ向け512GB eUFSストレージ量産開始

公開日: : サムスン

韓国Samsung Electronicsは現地時間12月5日、次世代モバイルデバイス向けに業界初となる大容量512GBの組み込みユニバーサルフラッシュストレージ(eUFS)ソリューションの量産を開始したと発表しました。

samsung-news-20171205

Samsung、スマホ向け512GB eUFSストレージ量産開始

サムスンの最新の64層512ギガビット(Gb)V-NANDチップを利用した新しい512GB eUFSパッケージは業界初の大容量で今後のフラッグシップスマートフォンとタブレット向けに優れたパフォーマンスを提供するとしています。

ディスク速度は読込で860MB/sec、書き込みで255MB/secを実現、一般的なmicroSDカードに比べ約8倍も高速で、5GBのフルHD動画を6秒でコピー可能としています。

また、ランダムアクセスは読み込みで42,000 IOPS、書き込みで40,000 IOPSを実現しており、現行の256GB eUFSよりも僅かに速度が遅くなるものの同等と言える性能を叩き出しています。

同社は今後、スマートフォンやタブレットといったモバイル端末だけでなくプレミアムSSDやリムーバブルメモリーカードのほか、高度な組み込みモバイルストレージに対応したいとしています。

Source:SAMSUNG

よく一緒に閲覧される記事

『Galaxy Z Flip』の分解レポート、畳めるガラスの場所が判明

昨日ハンズオン動画で折り畳めるガラスディスプレイが爪でもキズをつけ

Galaxy Z Flipの畳めるガラスに問題か、爪でキズ

KDDIが2月18日より予約注文の受付を開始しているSamsung

畳めるスマホ『Galaxy Z Flip』をau独占販売へ

KDDIおよび沖縄セルラーは2月12日、折り畳めるスマートフォン「

→もっと見る

PAGE TOP ↑