mineo、5月15日9時より『iPhone 6s』メーカー認定整備品を発売・価格

公開日: : その他、最新情報

ケイ・オプティコムは5月15日より、iPhone 6sのメーカー認定整備済品(CPO, Certified Pre-Owned)をmineoで取り扱うと発表しました。

mineo-news-20180515

mineo、『iPhone 6s』メーカー認定整備品の取り扱い開始

今回mineoで販売する『iPhone 6s』メーカー認定整備品は『厳格なプロセスで再整備を受け、メーカーの厳しい品質基準を満たした製品』になっているとしています。

mineo-news-20180515.2

販売されるモデルは北米版の仕様になっており、次のような特長になっています。

  • 個装箱が異なる(CPOは白地で文字のみ)
  • 不具合のあったコンポーネントはメーカー純正コンポーネントに交換済み
  • 外装、アクセサリーは新品に交換済み

電源アダプタについてはPSEマークが記載された日本仕様のものと交換しているとのこと。

mineo-news-20180515.1

端末価格は49800円、モデル番号はA1688.

新品と同じようにメーカーによる1年間のハードウェア保証、端末購入後30日以内であれば、Apple Online StoreやApple Storeにて、「AppleCare+」もしくは「AppleCare Protection Plan」に加入ができるとしています。さらに長期利用者の方には、ファン∞とくの端末購入特典も適用されます。

なお、mineoで提供している「端末安心保証サービス」についてはサービスの仕様上、利用できないとしています。

今回ローズゴールドのみのスタートとなり、他の色についても引き続き調達を進めているとしています。

リンク:mineoマイネ王

よく一緒に閲覧される記事

格安SIMの人気ランキング調査結果2019年9月版が発表、データ専用SIMの上位5社など明らかに

MMD研究所は9月18日、MVNOに関する内容について、15歳~6

格安SIMの新料金プランを比較、1位の楽天モバイル vs 2位のワイモバイル

格安SIMの中でも人気の楽天モバイルと、ソフトバンクのサブブランド

mineo、速度制限で月450円を減額する『エココース』提供開始・比較動画

オプテージは9月2日、モバイル通信サービス「mineo」において混

→もっと見る

PAGE TOP ↑