3キャリアDSDV対応『ASUS ZenFone 5Z(ZS620KL)』発表、Snapdragon 845などスペック・発売日・価格

公開日: : ASUS

ASUS JAPANは5月15日、ZenFoneシリーズのSIMフリースマートフォンとしてSnapdragon 845やRAM6GBを搭載する最新フラッグシップ『ASUS ZenFone 5Z』(型番:ZS620KL)の日本投入を発表しました。

発売日は6月下旬以降となり、価格は69800円+税。

ASUS-ZenFone5Z-ZS620KL

ASUS ZenFone 5Z(ZS620KL)のスペック・発売日・価格

Qualcommの最新フラッグシップSoCであるSnapdragon 845を搭載した『ASUS ZenFone 5Z(ZS620KL)』は2018年2月にバルセロナで開催されたMWC2018で発表したスマートフォンです。

AI機能

高い処理性能を活かしたAIが特徴です。

カメラ機能では自動で撮影モードや写真エフェクトが行われたり、オートモード撮影もリアルタイムで美顔補正が利用できます。

前面カメラには目線をチェックし、画面を見つめていればスリープに入らない機能や端末の持ち上げでスリープ解除、顔認証、調光機能を備えています。

また、充電では「AI Charging」となり80%まで充電をしておき、起きる前に100%へとなることで満充電によるバッテリー劣化を防ぐとしています。この機能はユーザーの行動パターンを学習して自動で最適化されるとのとと。

さらに周囲の騒音レベルに応じて音量を調整する「AI着信音」やバッグ内などでスリープ復帰を抑える「ポケットモード」などを搭載しています。

ASUS-ZenFone-5Z

スペック、主な仕様

『ASUS ZenFone 5Z(ZS620KL)』は6.2インチで2246x1080解像度を持つiPhone Xに似たノッチ付きデザインのディスプレイで、画面占有率は90%となっています。

SoCにはSnapdragon 845(最大2.8GHz)、RAM6GB、ストレージ128GB(UFS 2.1)という構成で、外部メモリとしてMicroSDカードスロット(SIMスロットと共有)を備えています。

MWC2018の発表時はRAM最大8GB、ストレージは最大256GB(他に64GB/128GB)となっていました。

インターフェイス・カメラ

背面にはSony Exmor IMX363センサーを採用した1200万画素+広角800万画素のデュアルカメラ、前面には800万画素を搭載しています。

その他インターフェイスはUSB Type-C2.0(充電はASUS BoostMasterに対応)、指紋センサーとなっています。

通信性能

通信ではWi-Fi 802.11ac、Bluetooth 5.0、NFCに対応、モバイル通信ではNanoSIMスロットx2基で対応バンドは次のようになっています。

  • FDD-LTEがバンド1/2/3/5/7/8/18/19/28
  • TD-LTEが38/39/41
  • W-CDMAが1/2/3/5/6/8/19
  • GSM/EDGEが850/900/1,800/1,900MHz

3キャリアアグリゲーションを対応、国内SIMフリー端末としては初となるauにまで対応した大手3キャリアのデュアルスタンバイデュアルVoLTEをサポートしています。

具体的には2つのSIMスロットでVoLTEを同時受信できるDSDVとキャリアアグリゲーション、docomo/Y!mobile/auの3つのキャリアのVoLTEに対応しています。

本体サイズは約75.6×153×7.7mm、重量は約165gとなっています。

発売日・価格・カラーバリエーション

ASUS-ZenFone5Z-ZS620KL.1

『ASUS ZenFone 5Z(ZS620KL)』のカラーバリエーションはグローバルモデルで披露されたシャイニーブラックと、新たにスペースシルバーを加えた2色展開、日本における発売日はグローバル発表時と変わらず6月以降になります。

―価格は69800円+税。

グローバル発表時の記事
6.2型ASUS ZenFone 5Z (ZS620KL) 発表/スペック・価格・発売時期・動画

リンク:ASUS

(追記)

同時発表のデバイス
6.2型ノッチ付き『ASUS ZenFone 5 (ZE620KL)』国内投入を発表、スペック表・価格・発売日

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑