Qualcomm、2018年後半にパソコン向けSnapdragon 1000を発表か/TDP12Wとも

公開日: : 周辺機器

Qualcommが2018年にリリースするSnapdragon 850は初のARM搭載Windows用プロセッサとして発表されましたが、新たにSD850と比べてTDPが約2倍というパワフルなSnapdragon 1000が年内にも公開されると伝えられています。

sd850_10-1

Qualcomm、パソコン向けにSnapdragon 1000を開発中か

ドイツWinFutureのレポートによると、Snapdragon 1000はTDPが12Wとなり、先日アナウンスされたARMベースのWindows向けSnapdragon 850のTDP最大6.5Wの約2倍になるようです。

Snapdragon850

Intelがモバイル向けに展開しているCore Uシリーズプロセッサは通常15W前後で、同プロセッサを搭載したノートパソコンはDELL XPS 13があります。

Dell-New-XPS-13-20180130

2018年1月26日に発表された『New XPS 13』(スペック詳細は発表記事へ)

同メディアは15Wに達すればSurface Proのような端末も登場してくる可能性もあるとしています。

TDP12Wの代償

TDPが2倍ということで大きなパフォーマンスを得られますが、ARMベース端末の魅力はIntelベースに比べてバッテリー駆動時間が長く、ファンレスであることです。

TDP12Wとなればファン搭載モデルも発売されるかもしれません。そうなるとファン駆動の分だけバッテリー消費が多くなるという問題も発生します。

それでもARMベース端末には4G LTEをはじめとした「常時接続PC」という強みがあります。

INTEL搭載モデルとの立ち位置に注目です。

Snapdragon 1000は2018年後半に発表か

WinFutureはSnapdragon 1000を載せるマザーボードについて、約15Wで動作するようだと伝えています。そして、ASUSがSnapdragon 1000と2Kディスプレイ、WiGig通信をサポートしたデバイス(コードネーム「Primus」)を準備しているようだと伝えました。

ASUS新デバイスの発表は、2018年後半に予定されているSnapdragon 1000の公式発表の直後に行われるだろうとしています。

前回の話
Qualcomm Snapdragon 850発表、Windows搭載パソコン向けに/発売日

Source:WinFuture

よく一緒に閲覧される記事

まもなく発表「Xperia PRO-I」の画像リーク、RX100のボタンや1型センサーなど

ソニーが間もなく発表する新型Xperiaについて、国内リーカーより製品

Raspberry Pi 4が初の値上げ、半導体不足が影響

英ラズベリーパイ財団は現地時間2021年10月20日、世界的な半導体不

携帯PCゲーム機「Steam Deck」にプレイ判断機能「Deck Verified」が追加

Valueは現地時間2021年10月18日、Steam公式モバイルゲー

→もっと見る

PAGE TOP ↑