Apple WatchにAlexaが「ひょっこりはん」、アプリ『Voice in a Can』登場・動画

公開日: : スマートウォッチ ,

Apple Watchでアマゾンの音声アシスタントに呼び掛けられるアプリ「Voice in a Can」がApp Store で公開されています。―価格は240円。

amazon-alexa-apple-watch-voice-in-a-can-app.1

Apple WatchでAlexaアプリ「Voice in a Can」公開

Alexaアプリ「Voice in a Can」はアマゾンの制作ではなくAtadoreというサードパーティが開発しています。

amazon-alexa-apple-watch-voice-in-a-can-app

「Voice in a Can」はiPhoneがなくても動作するスタンドアローン型のアプリでインターネット接続環境さえあればApple Watch単体でAlexaサービスが利用できるようになっています。

もちろんアマゾンの製品ではないため、音楽やオーディオブックなどの再生または読み上げと言った機能には対応しておらず、Alexa の全機能が使えるわけではありません。

それでもAlexa 対応のスマートホーム製品(日本のAmaoznスマートホームストアへ)を操作することが可能となっています。例として外出中にiPhone を取り出さず自宅のライトをつける、帰宅直前にコーヒーメーカーの電源を入れるといったことが可能になります。

「Voice in a Can」は省電力機能も備えており一定時間の音声操作がなければディスプレイを消灯、画面オフでもタッチ操作で再び表示することが可能となっています。

アプリを試している動画

実際に操作している様子が動画で公開されています。

今後アマゾンがApp Store で公開しているAlexa アプリでApple Watchに対応してくることがあれば、アマゾンから「Voice in a Can」の削除申請が行われるかもしれません。

その日が来るのか分かりませんが、今言えるのは「Voice in a Can」がApple WatchでAlexa体験を味わえる最速の方法ということです。

リンク:Voice in a Can

よく一緒に閲覧される記事

Spotify、Apple Watch向けアプリをリリース

音楽ストリーミングサービスSpotifyは米国時間11月13日、App

ガーミン、GPS/タフネス仕様スマートウォッチ「Instinct」発表―価格・発売日

ガーミンジャパンは11月1日、米軍規格をクリアしたタフネス仕様のGPS

指輪型スマートデバイス『ORII』日本上陸、指1本で通話/音声アシスト可能に

香港Origami Labsは10月25日、LINEやFacebook

→もっと見る

PAGE TOP ↑