Microsoft、新特許『タッチレス入力』をWindowsに組込み予定

公開日: : Windows

Microsoftがディスプレイに触れることなくジェスチャー操作が行える“Touchless input”という特許を申請していたことがわかりました。

microsoft_touchless_patent_story

Microsoft was working on “touch-less input”

今回、米国特許商標庁(USPTO)により現地時間7月10日に公開されたMicrosoftの新しい特許情報は“touch-less input”(タッチレス入力)という題名がつけられています。

このシステムはAppleがiPhone Xで採用したTrueDepthカメラによる顔認証のための3Dマッピング技術と同じく、奥行きをキャプチャして手のジェスチャーを認識する入力方法とみられます。

touchless-input-patent-2-720x720

特許情報には仮想の手関節または複数の仮想関節をモデル化することが含まれており、これらの関節情報は深度マップで比較され、機械学習で指のジェスチャーとして認識されるようです。

そしてデバイス所有者がUIを操作している最中、統合されたトラッキングシステムにより指を位置を常に追跡、ディスプレに触れることなくカーソル操作が行えるそうです。

さらに、複数の指を使うことでユーザーはファイルのドラッグアンドドロップや画面の拡大縮小、ダブルタップ、回転といったことも行えるとのこと。―ノートパソコンに搭載されているタッチパッドが空中にある感じでしょうか。

Microsoftがマウスとキーボード、タッチ操作、ゲームコントローラーと同じ一般的なユーザー入力システムとしてタッチフリーコントロールをOS(Windows)に組み込む予定とも伝えられています。

Source:USPTO

よく一緒に閲覧される記事

Windows11でAndroidアプリの実行テスト開始、必要条件など

米Microsoftは現地時間10月20日、Windows Insid

Windows 11 (Insider)のISOファイル配布開始、ダウンロード可能に

Microsoftは米国時間8月19日、開発チャネルとベータチャネル向

ATM/POS等に危険迫る、WindowsXPなどのソースコード漏洩か

銀行のATMやクレジットカード決済を行う際のPOSシステム、組み込みデ

→もっと見る

PAGE TOP ↑