7インチ 「ARCHOS GamePad」のスペック、ゲーム機になるのか

公開日: : その他・中華タブレット

ARCHOSの「GamePad」はゲーム用のコントローラ搭載のタブレットです。

7インチ(1024×600)で CPUは A9 、microSD64GB対応など

製品画像を拡大したりスペックからゲーム機となるのか考えたいと思います。

Ambience-corner_HD_01

「ARCHOS GamePad」のスペック

GamePad」は、OSがAndroid 4.1 Jelly Bean

CPUは、「ARM CORTEX dual-core A9 @ 1.6GHz」と表記されています。

GPUが、「quad-core Mali 400 MP」となっているので

原道N70双撃のCPUである「RK3066」同等と思われます。

Nexus 7 (Tegra3)を使用した後では全体的な動作が遅く感じそうです。

ストレージは8GBですが、microSDHC対応なので64GBまで拡張可能

カメラは画素数が不明のフロントカメラだけのようです。

mini HDMI外部出力に対応しているので大画面に出力して

完全なコントローラーとして「GamePad」が使えそうですね。

Bluetoothの表記がないので非対応のようです。

本体サイズは、229.8 x 118.7mm x 15.4mm

重量は、330gということです。

「ARCHOS GamePad」の画像

はじめは、背面です。

ロゴがゲームメーカーのような感じいですね。

back_HD_08

続いて右上の部分には、mini HDMIポートが見えます。

gamepad-01

中央には USB と イヤホンジャック、電源と音量ボタンがありました。

gamepad-02

最後は、左上です。

gamepad-03

想像以上にボディが洗練されている気がしました。

Android アプリ用のゲーム機として考えるとCPUも許容範囲内かもしれません。

本日注文した Bluetooth ゲームコントローラーが良いのか

タブレットに搭載したハードコントローラーが良いのか、難しいですね。

あとは、アプリが増えてくれるとゲーム機としての需要は高まりそうですが

Android デバイスは 液晶サイズ、解像度がバラバラなのが致命的で

アプリ(ゲーム)が増えない原因にもなっています。

Apple の iOS のように統一性があれば良いと思いますが

Android は自由が売りなので仕方がありません。

そう考えると 最低解像度を設けて統一性を高めている

後発の Windows 8 が有利かもしれません。

先日の記事で Microsoftも小型デバイスの可能性を伝えていますし

今後、7インチは小型ゲーム機の激戦区になりそうな気がしました。

理想のタブレットは用途別で複数となりそうです。

Source : ARCHOS GamePad

よく一緒に閲覧される記事

ペン入力/モバイルモニターにもなる2K13型Lenovo Yoga Tab 13発売、スペック

レノボジャパンは8月6日、2K解像度/13インチの大画面Android

ドンキ、32780円の指紋/Win10Pro/14型MUGAストイックPC4」発売・スペックの違い

ドン・キホーテは5月12日、オリジナルブランド「情熱価格」より「MUG

FRONTIERが36,800円のWin10Pro搭載10.1型2in1「FRT230P」発売

インバースネットは4月30日、オリジナルBTOパソコンブランド「FRO

→もっと見る

PAGE TOP ↑