「 その他・中華タブレット 」 一覧

ONYXがE-ink仕様のスマートフォン開発中 #CES2020

ONYXは電子ペーパー仕様のスマートフォンを諦めていないようだ。同社はCES2020において新しいE-inkスマートフォンを披露、一部スペックが伝えられている。ONYX、新たなE-inkスマートフ...

続きを見る

  
    

4GHz駆動で安めな『One Mix 3S+』発表、3Sとのスペック差・価格・クーポン

ONE-NETBOOKより最大4.0GHzクロックというIntel 第10世代Core i3プロセッサを搭載したOneMixシリーズの最新モデル『One Mix 3S+』が発表された。 今回クー...

続きを見る

    

OneMix3 Proに赤色「Koi Limited Edition」登場、発売日・価格・スペック

テックワンは12月27日、深センOne-Netbook Technologyの小型ノートパソコン/UMPC「OneMix3 Pro Koi Limited Edition」の取り扱いを発表した。数...

続きを見る

    

格安タブレット『Vankyo Z10』でベンチマークを試す、心配な点も

今回は『Vankyo Z10』でベンチマークとGoogle Playを使った際の話をシェアしたい。 サンプル機を提供いただいているためマイナスなことを書くのは気が引けるが、実際にあったことを正直...

続きを見る

    

RAM3GBで1.4万円の10.1型『Vankyo Z10』開封レビュー、重さやパッケージなど

Fire HD 10 タブレットと同じ10.1インチで良い勝負をしている『Vankyo Z10』が届いた。さっそくパッケージから中身のチェック、重量、インストール済みアプリなどを確認した。10.1...

続きを見る

    

レビュー432件の10.1型RAM3GBタブレットが14000円に、製品レビュー前にFire HD 10とスペック比較

いわゆる中華パッドは購入者が少なくレビュー数を期待できないことも多いが、今回レビューを依頼された『Vankyo Z10』というタブレットはレビュー432件と十分な報告があり、読者にとって良い情報と...

続きを見る

    

日本語も用意したRAM16GBな8.4型『One Mix 3 Pro』予約開始、スペック・価格

Intel最大4.0Ghz クアッドコアにメモリ16GB/ストレージ512GB SSD、2K解像度の8.4インチは4096段階の筆圧感知に対応し、360度ヒンジに指紋センサー搭載という良い意味で変...

続きを見る

    

ドンキが9980円の電子書籍タブレット『読みまくリーダー』(YMR8-DS)発表、スペック・発売日

ドン・キホーテは9月25日、プライベートブランド「情熱価格」より電子書籍を読むことに特化したAndroidタブレット「電子コミックス 読みまくリーダー」(型番:YMR8-DS)を発表した。 発売...

続きを見る

    
ONYXがE-ink仕様のスマートフォン開発中 #CES2020

ONYXは電子ペーパー仕様のスマートフォンを諦めていないようだ。同

4GHz駆動で安めな『One Mix 3S+』発表、3Sとのスペック差・価格・クーポン

ONE-NETBOOKより最大4.0GHzクロックというIntel

OneMix3 Proに赤色「Koi Limited Edition」登場、発売日・価格・スペック

テックワンは12月27日、深センOne-Netbook Techn

格安タブレット『Vankyo Z10』でベンチマークを試す、心配な点も

今回は『Vankyo Z10』でベンチマークとGoogle Pla

RAM3GBで1.4万円の10.1型『Vankyo Z10』開封レビュー、重さやパッケージなど

Fire HD 10 タブレットと同じ10.1インチで良い勝負をし

→もっと見る

PAGE TOP ↑