iPad版フル機能『Photoshop CC』発表、2019年リリースへ

公開日: : 最終更新日:2018/10/18 iOS アプリ ,

アドビシステムズは10月15日、米ロサンゼルスで開催するカンファレンス「Adobe MAX 2018」に向けて「Adobe Creatie Cloud」の次期アップデートに加え、新しいアプリについて発表しました。

adobe-Photoshop-for-iPad

iPad向けフル機能『Photoshop CC』発表

アドビが2019年ローンチ予定のアプリとしてiPad版でフル機能を搭載した『Photoshop CC』を披露しました。これまでPhotoshopという名前のついたiOSアプリはデスクトップ版Photoshopの一部機能をモバイル向けに変更したもので、パソコンと同等の機能は備えていませんでした。

今回の『Photoshop CC』はPC以外で初となる完全版Photoshopとなっています。

ユーザーインターフェイスはiPad向けにタッチ操作を主体としたデザインで、PSDファイルの読み書きが可能、さらにCreative Cloud経由でPCとiPad間でデータのやり取りもできるとしています。

レイヤーパネルやマスクといった機能も搭載、また、Creative Cloudを経由することでiPadで編集した内容をPCに引き継ぐことが可能としています。

新しいiPad Pro(2018)発表が噂される中、これは嬉しいニュース!この流れでAppleが発表してくれるのではないかと期待が高まります。

前回の話(最新のiPad記事一覧へ)
iPad Pro 2018の全体図リーク、本体サイズも判明か

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑