筆圧ペン7.2型『Huawei Mate 20 X』発表、スペック・価格・発売日

公開日: : Huawei(ファーウェイ)

中国Huaweiはロンドンで現地時間10月16日、7.2インチで筆圧検知4096段階のペン入力をサポートしたファブレット『Huawei Mate 20 X』を発表しました。

フラッグシップ端末と同じKirin 980に液体冷却システムを搭載したモンスタースマートフォンの誕生です。

Huawei-Mate-20-X.00

『Huawei Mate 20 X』発表、スペック・価格

海外メディアで高評価の水滴ノッチを採用したことで7.2インチの大画面が印象的な『Huawei Mate 20 X』は名機Nexus 7をはじめて見た時のようなワクワク感を秘めていました。

Huawei-Mate-20-X.03

SoCは同時発表のフラッグシップと同じKirin 980(7nm)やデュアルNPUなどを搭載し、非常にパワフルな処理性能を持っています。またGPU Turbo2.0技術により最新ゲームの重い描写にも耐えられるとのこと。

この強力なパフォーマンスを落とさないようにVapor Chamber(VC)とGraphene Filmを搭載した多次元の液体冷却システムを内蔵しています。

横向きにすると左右から聞こえるステレオサウンドシステムを採用、最大40dBのダイナミックレンジを特徴としています。

スペック、主な仕様

Huawei-Mate-20-X.04

『Huawei Mate 20 X』は7.2インチFHD+(2244x1080)解像度OLEDディスプレイ、CPUにHUAWEI Kirin 980(2 x Cortex A76 2.6 GHz + 2 x Cortex A76 1.92 GHz + 4 x Cortex A55 1.8 GHz)を搭載、メモリ構成は6 GB RAM + 128 GB ROM、外部メモリとしてNMカード最大256 GB対応。

通信は802.11 a/b/g/n/ac、Bluetooth、NFCをサポート、モバイル通信はNanoSIMx2基のデュアルSIMスロット搭載で対応周波数は次のようになっています。

Primary SIM card:
4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 (Japan) / B8 / B19 (Japan);
3G TD-SCDMA: B34 / B39
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)
Secondary SIM card :
4G LTE TDD: B34 / B38 / B39 / B40
4G LTE FDD: B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B6 / B7 / B8 / B9 / B12 / B17 / B18 / B19 / B20 / B26
3G WCDMA: B1 / B2 / B4 / B5 / B6 / B8 / B19
2G GSM: B2 / B3 / B5 / B8 (850 / 900 / 1800 / 1900 MHz)

インターフェイスはUSB Type-C、3.5mmイヤホンジャック、ステレオスピーカー。

バッテリー容量は5000mAhで高速充電HUAWEI SuperCharge対応しています。Nintendo Switchよりも長時間プレイが可能で、専用アクセサリーを使うことで十字キーなどに対応。

防塵防水IP53を備えた本体サイズは85.4x174.6x8.15 mm、重量は232g。

カメラ性能とAI機能

Huawei-Mate-20-X.02

カメラはMate 20 Proと同じLeicaレンズのトリプルカメラを採用、40MP/20MP/8MPで広角と望遠、3倍望遠をサポートします。2.5cmの距離から撮影可能。

AI機能とトリプルカメラにより1枚の写真から人物背景、地面などを切り分けることが可能、Photoshopの手間が省けそうです。

さらにAI Visionという機能では撮影した対象物をAIがモバイル百科事典から情報を取得して表示してくれるようです。

また、(カメラ機能とは関係ありませんが)ブラウジング中に見つけたバッグなどの画像から販売しているショップを提案してくれる機能も搭載しています。

ヴィンテージや限定モノのシューズなど、販売店舗や名称が知りたいときに活躍してくれそうです。

ペン入力

Huawei-Mate-20-X

Huawei M-Penを使用することで4096段階の筆圧検知によるペン入力が可能、ロックされた画面から直接メモを書き始めることもできるとしています。他にも撮影した写真にイラストを描いたり、カレンダーに予定を書き込むといったことができるとのこと。

価格・カラーバリエーション・発売日

Huawei-Mate-20-X.01

『Huawei Mate 20 X』のカラーバリエーションはミッドナイトブルー、ファントムシルバーの2色展開。

価格は899ユーロ、発売日は10月26日を予定しています。

同時発表デバイス(最新のHuawei Mate記事へ)
Huawei Mate 20 Pro発表、逆充電や背面トリプルカメラなどスペック・価格

更新中(完了)。。。引き続きHuawei Mate 20の発表記事を準備中。。。

よく一緒に閲覧される記事

9/26限り、アマゾンでHUAWEIの人気タブレット・スマホ・スマートウォッチ特集セール開催中

アマゾンジャパンが毎日開催しているタイムセール祭りにおいて、Huawe

HUAWEI nova lite 3+が29%OFFの7780円引きに(アマゾン)

ストレージ128GBの6.21インチ2340 x 1080解像度の

HUAWEI、9980円のSIMフリーモバイルルーター「E5785」発表

ファーウェイ・ジャパンは6月30日、SIMフリーモバイルルーター「

→もっと見る

PAGE TOP ↑