iPad ProのUSB-Cによりバスパワー駆動できる音楽機材などが急増

公開日: : Apple

iPad Pro 2018で初めて採用されたUSB-Cにより従来であればACアダプタなど電源を確保しなければ動作しなかったオーディオインターフェイスが利用できるようになっていることがわかりました。

iPad-Pro-USB-C

iPad ProのUSB-Cでバスパワー駆動できるデバイス急増

音楽制作に関するメディアDTM STATIONによれば、新しいiPad ProのUSB-Cに差し込んだオーディオインターフェイスSteinberg製UR22mkIIRoland製Rubix 24がACアダプタで電源を確保することなくバスパワーで動作したということです。

これまでiPad / iPad Pro / iPhoneでは、上記の製品をはじめ少しでもパワーが必要なデバイスをLightning接続すると「電源が足りない」というメッセージが表示されて使えませんでしたが、USB-Cでは問題なく使えるようです。

音楽機材はUSB-Aタイプが多いため、別売りのUSB-C to USBアダプタを購入する必要こそありますが、iPad ProのUSB-C採用により使える外部アクセサリーが一気に増えることがわかりました。

AppleはUSB-Cの使い方ページを公開しています。

前回の話
iPad Proの1TBモデルだけRAM6GB搭載と判明、512GB以下はメモリ4GBに

Source:DTM STATION (最新のiPad記事一覧へ)

よく一緒に閲覧される記事

次期iPod touchはゲーミング端末か、Appleが商標を申請

最近になって噂が再浮上している『iPod touch』について、App

iPhone XIのコンセプト動画、最近のリークを映像化

2019年秋リリース予定の『iPhone XI』について最近のリークを

Apple、米国で『iPhone SE』を値引きして販売を再開・最大16500円OFFに

Appleは2018年9月に販売を終了したSIMフリー版『iPhone

→もっと見る

PAGE TOP ↑