mineo、ソフトバンクSIMのVoLTE対応を発表–より高音質な通話が可能に

公開日: : その他、最新情報

ケイ・オプティコムは11月15日、ソフトバンクプラン(Sプラン)の音声通話付SIM(デュアルタイプ)で高音質な通話を実現するVoLTEに対応すると発表しました。

提供開始日は2018年11月29日(木)、28日以前に契約したユーザーも12月中旬までに順次VoLTEが利用できるようになるとしています。

softbank-volte

mineo、ソフトバンクSIMのVoLTE対応を発表

3Gの固定電話相当という音質より高い音域でクリアな通話ができる「VoLTE」が11月29日から順次利用できるようになります。

これに伴うユーザーの申し込みやSIMの入れ替えなどは不要、VoLTE対応デバイス(iPhoneはiPhone6以降でiOS8.3以上・キャリア設定19.1以上の更新が必要。)であれば利用可能です。

さらに従来の「VoLTE」に比べてより高い音域で、より高音質な通話が可能になる「VoLTE(HD+)」にも対応するとしています。

このVoLTE(HD+)は、従来の「VoLTE」の音声帯域50Hz~7000Hzと比較し、50Hz~14000Hzとより広い帯域に対応することで、従来の音声ではカットされていた高音域の音声成分を含めることができ、音がこもらずクリアで聞き取りやすい通話が可能になります。

VoLTE/VoLTE(HD+)の利用には「VoLTE/VoLTE(HD+)対応端末であること」「4G LTE エリア内であること」が条件。

Source:mineo / VoLTE(HD+)対応端末(ソフトバンク)

よく一緒に閲覧される記事

最安「050 かけ放題」を比較、イオンモバイル vs スカイプ(とLINE Out)

大手通信キャリアから格安SIMサービスまで通話料金は30秒あたり2

2019年9月格安SIMサービスの満足度調査ランキングが発表、紹介したいMVNO順位も

MMD研究所は9月27日、同月に公開した利用動向調査で利用率の高い

格安SIM『BIGLOBEモバイル』の契約解除料が8000円から1000円など、料金改定を発表

ビッグローブは9月27日、格安SIM/モバイル通信サービス「BIG

→もっと見る

PAGE TOP ↑