Windows Sandbox発表、EXEファイルを隔離して実行可能に

公開日: : Windows

Microsoftは米国時間12月18日、今年最後となるInsiders向けメジャーアップデートWindows 10 Insider Preview「Build 18305(19H1)」をFast ringで公開、新機能として「Windows Sandbox」を発表・提供を開始しました。

Windows-Sandbox

Windows 10プレビューにサンドボックス機能

「Windows Sandbox」を利用することで仮想マシンをセットアップすることなくEXEファイルなどを安全に起動、ホストに影響を与えることなく隔離された環境で挙動を確認できるようになります。

「Windows Sandbox」は初期設定で有効になっていないため、「設定→アプリ→アプリと機能→プログラムと機能→Windowsの機能の有効かまたは無効化」を選択、表示されたダイアログから「Windows Sandbox」にチェックボックスを有効、Windowsを再起動すれば利用可能となります。

「Windows Sandbox」は、Windows 10 ProとEnterpriseに提供され、VHD(Virtual Hard Disk)のダウンロードは不要としています。

実行するたびに新しい環境が生成されるほか、ハードウェアベースの仮想化機能を使用してホストから独立して稼働します。

動作要件は次のようになっています。

  • Windows 10 ProまたはWindows 10 Enterprise (Build 18305以降)
  • AMD64アーキテクチャ
  • RAM 4GB以上 (8GB以上を推奨)
  • ストレージ空き領域 1GB以上(SSDを推奨)
  • デュアルコアCPU (4コア/Hyperthreading対応以上を推奨)

また、利用するにはBIOSで仮想化機能を有効にしておく必要があります。

Source:Windows Sandbox

よく一緒に閲覧される記事

365日を切った「Windows 7」のサポート終了、今も2700万台が稼働

日本マイクロソフトは1月15日、2019年の経営方針説明会においてWi

Windows Phone端末は全てWindows RTなど別OSインストール可能に、WPInternalsの話

Microsoftがモバイル向けOS『Windows 10 Mobil

Windows 10 Mobileの終了日が決定、2019 年12月10日でサポート打切り

Microsoftは米国時間12月21日、モバイル端末向けOS『Win

→もっと見る

PAGE TOP ↑