iPhone 2019年モデルはノッチ小型化、2020年モデルでカメラ埋め込みディスプレイか

公開日: : Apple

iPhoneのノッチはスピーカーを移動させることで33%の小型化が可能だとしてコンセプト画像が公開されました。また別のリークに定評がある人物からもノッチ継続が伝えられています。

iPhone-Leaks-20190107.2

iPhone 2019モデルはノッチ小型化

リーク情報で定評のあるBen Geskin氏がスピーカーの配置を変えることでノッチを33%小型化できるとしてコンセプト画像を自身のTwitterアカウントへ投稿しました。

そこにはiPhone上部を映した4枚の画像が並べられており、右側はスピーカーをフレーム部分に移動しており、その分だけノッチが小さくなっています。

前回Forbesに記事を寄稿したJean Baptiste Su氏が2019年の次期iPhoneについてパンチホールとも呼ばれているディスプレイ上部に”カメラだけ”の穴を設けてノッチを廃止したデザインになると伝えていました。

Huawei-Nova-4

(画像:Huawei Nova 4発表、パンチホール画面のスペック・価格より)

今回の情報では「ノッチ継続」ということになります。

そして、この記事を書いている途中に同じくリーク情報の常連であるIce universe氏がノッチについて言及しました。

同氏によると「2019年は未だノッチ、2020年はホールインディスプレイ」ということです。

前回はUSB-C採用とTouch IDのディスプレイ埋込もあわせて伝えられていましたが、Android陣営がなしえていない”新しい体験”につながるリークはありません。

Androidは2019年、折り畳みディスプレイとベゼルレス化の進化が期待されており、Appleの今後に注目です。

前回の話
次期iPhoneは背面トリプルカメラか、レンダリング画像

Source:Twitter / 2

よく一緒に閲覧される記事

iPad miniに続き、iPhone 2019もApple Pencil採用の可能性

これまで後継モデルが登場するのかも怪しいと言われていたiPad m

次期Apple Watchはジャパンディスプレイ製OLEDを採用か

Apple関連の情報で有名なアナリストMing-Chi Kuo氏が

次期Apple Watchか、新たにチタンとセラミックの筐体を追加へ

Appleの次期スマートウォッチ『Apple Watch』について

→もっと見る

PAGE TOP ↑