「ノッチなしiPhone」へ向けた技術、AppleサプライヤーAMS社が発表

公開日: : Apple

iPhoneの顔認証向けセンサーなどを供給するオーストリアのAppleサプライヤー「AMS」が有機ELディスプレイの光を除外して周囲の光と人間の近接を検出できる技術を発表、iPhoneからノッチを取り除ける可能性がでてきました。

iPhone-20190108

「ノッチなしiPhone」を可能にするセンサー登場

AMSが発表したセンサー「TCS3701」は可視光と赤外光の両方を検知できる能力があり、これにより有機ELディスプレイが発する光を除外して外部の光源だけを検知できるようになるため「ノッチ」に配置されている周囲センサーがなくなるようです。

周囲センサーは画面の明るさやホワイトバランスを自動調整するほか、通話時などディスプレイを耳に当てた時に表示をOFFにするといったことを担っています。

2017年にiPhone Xが発売された際、「ノッチ」は最大の批判対象でしたが、それを選択したのはFace IDとanimojiに使用されているTrueDepthカメラで、現行のiPhone XS / XRでも継続されています。

今回の技術を採用することでAndroid陣営が発表しているカメラだけをディスプレイ上に配置する「パンチホール」のようなデザインになる可能性もあります。(他には2画面にして背面カメラだけにしたり、スライド式カメラを採用しています。)

いずれにしても「ノッチ」は小さくなるか、姿を消す可能性がでてきました。

Source:AMS / appleinsider

よく一緒に閲覧される記事

Apple、日本語のiOS13/iPadOS/macOS Catalina/WatchOS6紹介ページを公開

Appleが各デバイスの最新OSとなる「iOS 13」「iPadO

次期iPhoneシリーズ向けOlixar製カメラプロテクターの販売ページ公開、デザイン確定か

アクセサリメーカーのOlixarが『iPhone 11』向けカメラ

iPhone 2019からUSB-C採用か、Lightningケーブルのイラストが変更

iOS 13のiPhone復元画面で表示されているイラストがLig

→もっと見る

PAGE TOP ↑