Google Pixel Watchの求人開始か、2018年5月にも発表とも

公開日: : Google Nexus

Android Policeは米国時間2月8日、2日前にGoogleが求人サイトにウェアラブル・ハードウェア・エンジニアリング副社長を募集していることを報じました。

2018年後半より始まったPixel Watchの噂が現実のものとなろうとしています。

DSC03318

スマートウォッチ『moto 360』購入、開封レビューより

Google Pixel Watch、2018年5月にも発表か

Google Careersサイトに掲載されたウェアラブル担当副社長の仕事内容には全てのGoogleウェアラブル製品の設計・開発・出荷を担当することになり、マウンテンビューをメインとした大規模なエンジニアリング組織で複数の次世代ウェアラブル製品を同時に開発するといったことが書かれています。

Googleは2014年にウェアラブルOS「Android Wear」(現Wear OS)をリリースしてから自社でスマートウォッチをリリースしておらず、唯一ウェアラブル製品と呼べるのは「Pixel Buds」だけでした。

その後継モデルを開発するために求人しているとは思えない内容であることから「Pixel Watch説」が再浮上したわけです。

Googleは既にPixelブランドからスマートフォン、タブレット、ラップトップを作っており、同ブランドのスマートウォッチがあっても不思議はありません。

Pixelスマートフォンと同じようにPixel Watch登場でWear OSプラットフォームの可能性が開かれることも意味しており、ウェアラブル製品の多様性を考えるとApple Watchと共に盛り上げてほしいと願うばかりです。

突然、値下げしたPixel 3 / Pixel 3 XLも気になりますが、気の早いギークたちは2019年5月に開催されるGoogle I/O 2019の基調講演で「Pixel Watch」に触れるのではないかと話し始めています。

Source:Android Police

よく一緒に閲覧される記事

Googleが自社タブレットを断念、ラップトップ開発専念を発表

Googleが自社タブレット「Pixel Slate」の後継モデル

Google Pixel 4 / 4 XLの本体サイズがリーク、画面サイズも

Googleの次期スマートフォンPixle 4とPixel 4 XLに

Googleが『Pixel 4』を一部デザインを解禁、指紋センサー非搭載か #Pixel4

Googleは6月13日、同社の最新フラッグシップ・スマートフォン

→もっと見る

PAGE TOP ↑