低価格でdocomoプラチナ対応『UMIDIGI S3 Pro』がINDIEGOGO登場、RAM6GBやSONY 48MPカメラなどスペック

公開日: : UMi ,

UMIDIGIからドコモ4Gプラチナ対応のグローバルバンド仕様で背面ソニー4800万画素を含めたデュアルカメラ、前面にもソニー2000万画素を搭載した意欲的な仕様ながら3万円以下というスマートフォン『UMIDIGI S3 Pro』がクラウドファンディング”INDIEGOGO”にてキャンペーンを開始しました。

UMIDIGI-S3-Pro

『UMIDIGI S3 Pro』のスペック・価格

まもなくASUSが日本市場向けに発表するASUS ZenFone Maxの最新モデルよりも大容量のバッテリー5150mAhを備え、カメラでは背面にSony IMX 586イメージセンサー4800万画素+望遠1200万画素デュアルカメラと他社ハイエンドと変わらない性能、前面カメラもSonyイメージセンサーを採用した2000万画素となっています。

UMIDIGI-S3-Pro.1

スペック、主な仕様

CPUにはHelio P70プロセッサ、RAM6GB、ストレージ128GBを搭載。

このMediaTek Helio P70は2018年10月リリースの最新プロセッサで、Cortex-A73 / A53で構成される最大2.1GHzのオクタコア(8コア)仕様、AI機能を搭載しており顔検出やノイズリダクション、リアルタイムのHDR録画といった特徴を持っています。

グラフィックスはARM Mali-G72 MP3で最大900MHz、ビデオエンコーディングはH.264をサポートしています。再生はH.265までサポート。

(参考:MEDIATEK HELIO P70より)

ディスプレイは6.3インチ(FHD+解像度)で水滴ノッチ仕様により画面占有率は92.7%に達しています。OSはAndroid 9 Pie。

本体サイズは157x74.65x8.5mm、プロトタイプ・ステージのため重量は決定していません。インターフェイスはUSB-Cで18W急速充電をサポートしています。

通信機能

通信面ではセキュアNFC対応でGoogle Payをサポート。

モバイル通信ではグローバルLTEバンドをサポートしており、2枚のSIMスロットは同時に4G LTEを有効にできるとしています。

<対応周波数>

2G:GSM
2/3/5/8 2G:CDMA1X BC0、BC1
3G:EVDO BC0、BC1
3G:WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
3G:TD-SCDMA 34/39
4G:TDD- LTE
34/38/39/40/41 4G:FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26 / 28A / 28B

技適の有無は要確認ですが、日本はもちろん海外旅行でも活躍できる頼もしいスマートフォンですね。

価格・動画

『UMIDIGI S3 Pro』は一般向け販売価格が385ドルと既に破格ですが、さらに早期出資者向けとして30%OFFとなる269ドル(29723円)にてキャンペーンを開始しています。

プロトタイプの状態ながらスマートフォンを数多く手掛けているだけあって、出荷は2019年3月と早く、クラウドファンディングのなかでは安心できる投資先と言えそうです。(もちろん自己責任ですが…。)

Source:UMIDIGI S3 Pro

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑