Googleマップでバス停消失やナビが私道を案内など報告相次ぐ、ゼンリンと提携解消か

公開日: : Google ,

Googleマップからバス停や細い道、人が通らないような道が消えたり、建物情報や線路の情報が変わってしまったという報告が相次いでいる。

Google-news-20190306

Googleマップのオフライン機能の代償、ゼンリンと提携解消か

Googleは先日、日本の地図情報を刷新しオフライン閲覧に対応すると発表、これについてゼンリンとの権利問題をクリアしたのではないかと思われていた。

しかし、新しいGoogleマップではコピーライトからZENRINの文字が消え、「地図データ©2019 Google」という表示になっていた。このことからゼンリンとは契約を解消し、Google自前の地図データに差し替えたとみられている。

新しい地図は道路の形状が不自然な状態になっていることから航空写真から検出して生成しているのではないかとも指摘されているほか、地方でスマートフォンを持って移動した道だけが表示されていることから位置情報から地図を生成している可能性も伝えられている。

Twitterなどの報告を見ると、次のような声が呟かれていた。

  • 公道と私道の区別がなくなり、私道がナビゲーションのルートに指定される。
  • 多くのバス停が非表示になった。
  • 住所の位置検索ができなくなった。
  • 運休区間の路線が廃線となっている。

現実的な問題として考えられるのは、住所さえわかればGoogleマップ検索で辿り着けると思っている昨日までの認識、Yahoo!地図はゼンリンと提携しているのでアプリをインストールしておくと良いだろう。

Appleが地図サービスを展開したときはネタとして取り上げられるほどだったものの、今では”使える”サービスに成長していることからGoogleマップも少し経てば持ち直すとみられている。

なお、先日の発表でGoogleはユーザーの協力、フィードバックを強く求めていた。

地図をダウンロードして持ち運べるようになるための”痛み”として先へ進めるのか正念場、続報に注目したい。

前回の話
Googleマップが地図ダウンロード(オフラインマップ)や乗換案内に対応へ

よく一緒に閲覧される記事

Google スプレッドシート等でWord・Excel・PowerPointの直接編集が可能に

Googleは米国時間4月11日、Google Docs(Google

Gmailで予約送信が可能に、メールサービス15周年記念の新機能

Googleは米国時間4月1日、ウェブ検索に続く2つ目のサービスとして

グーグルの「goo.gl」が正式終了、まだリンクは生きている。

グーグルが2009年に立ち上げた「goo.gl」が役目を終え、静かに目

→もっと見る

PAGE TOP ↑