@nifty wimax付属のUQ Wi-Fiコネクトが便利そう

先日、@nifty wimaxとIIJmioファミリーも契約しました。

少しは高速になるかもと公衆無線LANサービスを探したところ

@nifty wimaxでUQ Wi-Fiコネクトが使えることが判明しました。

@nifty WiMAX(アット・ニフティ ワイマックス)とは

  • 2012年1月11日(水)に開始したサービス
  • 無料で「UQ Wi-Fiエリア」と「UQ Wi-Fiワイドエリア」の公衆無線LANスポットを利用可能
  • 「UQ Wi-Fiワイドエリア」では、宿泊施設、飲食店など、全国7,000カ所以上が利用可能

利用者制限

・対象プラン

  • 「@nifty WiMAX Flat 年間パスポート」
  • 「@nifty WiMAX Flat」
  • 「@nifty WiMAX Step」
  • 「@nifty WiMAX 1Day」

・対象機器  : IEEE802.11a/b/gに対応したWi-Fi対応機器

・利用料金  : 無料

使える場所

地下鉄や新幹線など便利そうです。

UQ Wi-Fiコネクトをインストールしてみる

UQ Wi-Fiはブラウザ認証で接続可能なので本来アプリは不要ですが

「UQ Wi-Fiコネクト」には自動ログイン機能があるのでインストールしてみます。

早速、アプリ「UQ Wi-Fiコネクト」をインストールしてみます。

レビューではウィジットが大きいと不評です。

  1. GooglePlayからダウンロードしてインストールは完了です。

UQ Wi-Fiコネクトの設定をしてみる

設定は@nifty独自になるそうです。

知っておくことと準備するモノ

  1. SSID・・・Wi-Fiエリアが「UQ_Wi-Fi」、Wi-Fiワイドエリアが「wifi_square」となります。
  2. WEPキー・・・会員ページから確認する
  3. @nifty ID/ログインパスワード・・・使用できない文字列を含むパスワードは要変更(☆1)
  4. Wi-Fi対応機器・・・タブレットやPC等

☆1・・・ログインパスワードの使用文字列の確認・・・使用できない文字列について

UQ Wi-Fiコネクトの接続方法

「UQ Wi-Fiエリア」と「UQ Wi-Fiワイドエリア」では接続時のログインIDが異なります。

そのため、アプリ「UQ Wi-Fiコネクト」の設定は2つにわかれます。

「UQ Wi-Fiエリア」への接続

  • ログインID・・・@niftyID+「@nifty.com」です。(例:「abc123456@nifty.com」)
  • パスワード・・・@niftyパスワード

「UQ Wi-Fiワイドエリア」への接続

  • ログインID・・・@niftyID+「@nifty.com@uq」です。(例:「abc123456@nifty.com@uq」)
  • パスワード・・・@niftyパスワード

以上で完了です。

「UQ Wi-Fi」を切断する方法

  • ブラウザ認証はログアウト処理を行なう必要があります。
  • アプリ認証は自動切断とのことです。

編集後記

未だ接続を試していませんが、明日にでも結果がわかりそうなので楽しみです。

意外と使えると思えた@nifty Wimaxなのでした。

(WimaxのMVNOなら全部付随しているかも知れませんが調べていません。。。)

よく一緒に閲覧される記事

最安「050 かけ放題」を比較、イオンモバイル vs スカイプ(とLINE Out)

大手通信キャリアから格安SIMサービスまで通話料金は30秒あたり2

2019年9月格安SIMサービスの満足度調査ランキングが発表、紹介したいMVNO順位も

MMD研究所は9月27日、同月に公開した利用動向調査で利用率の高い

格安SIM『BIGLOBEモバイル』の契約解除料が8000円から1000円など、料金改定を発表

ビッグローブは9月27日、格安SIM/モバイル通信サービス「BIG

→もっと見る

PAGE TOP ↑