Nexus 7 3G より 値下がりした 「Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E」 29,500円が買いか考える、スペック比較

公開日: : 最終更新日:2013/03/25 サムスン

NTTドコモで提供中の「Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E」が白ロムでも

3万円以下で販売されるようになってきています。

ドコモ白ロムですから LTE Xi 対応など 通信環境は Nexus 7 3Gよりも優れています。

価格の差は、ほとんどありません。

今回、Nexus 7 3G vs Galaxy Tab 7.7 Plus のスペック比較や用途から買いか考えます。

docomo_sc01e_1

Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E スペック比較

Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E」は当初、高額なイメージがありましたが

7型クラスの新製品ラッシュにより白ロムが値下がりしています。

価格コムの価格推移グラフを見ると2月19日時点では43,600円でした。

しかし、3月5日あたりから一気に3万円以下に落ち込みました。

凄い値下がり率ですね。

Nexus vs Galaxy Tab 7.7 Plus のスペック比較

Nexus 7 は Wi-Fi モデルとなっています。

3G対応モデルではストレージが 32GB へ変更となっています。

Nexus7-vs-SC-01E

Nexus シリーズには、Google がファクトリーイメージを随時更新により

OSの更新頻度は Nexus 7 の勝利と言えます。

CPUは、Nexus 7 の Tegra3(1.3GHz、クアッドコア)が優勢です。

Antutuのランキングを調べてみました。

  • Tegra 3 : 10200程度
  • APQ8060 : 6600程度

CPU でも Nexus 7 の勝利ですね。

液晶サイズを見てみますと SC-01E が7.7インチと僅かに大きいサイズとなっています。

有機 EL と IPS 液晶という違いもあります。

サイズが7.7インチと大きいことから サイズと重量が気になりますが

0.7インチ大きいわりに SC-01E の重さは変わりませんね、

7.9mm と薄いのも良いと思います。

バッテリーは、5100mAhと SC-01E の勝利です。

カメラ関係も SC-01E の勝利です。

通信機能を見てみます。

Wi-Fi では 「a」にも対応している SC-01E の勝利ですね。

モバイル通信でも Xi / FOMAプラスエリア対応で SC-01E の勝利

SC-01E をルータとして使用しているというユーザーもいますが

公式では ドコモSIMカード以外でのテザリングには非対応のようです。

ストレージは、内蔵32GB同士と互角ですが

SC-01E は microSDHC 対応で最大32GBまで拡張可能と強みがありました。

以上のスペックから Galaxy Tab 7.7 Plus は買いか考えたいと思います。

Galaxy Tab 7.7 Plus は買いか

SC-01E は、Nexus 7 の Tegra 3 より処理速度は劣りますが

全体的な仕上がりを見ると現在も通用するスペックでした。

ルーター用として衝動買いしそうです。

Tegra 2 よりも処理は早いということで L-06C から乗り換えたいと思いました。

近いうちに購入するかもしれません。

価格の記録

2013/03/08時点の価格とレビュー数です。

記事を書いている時点では、全部で18台ありました。

Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E : 関東送料無料 29,500円レビュー4件

追記(2013/03/25)

更に安くなりました。

遂に Nexus 7 Wi-Fi版より安くなった ドコモ白ロム「Galaxy Tab 7.7 Plus SC-01E」の話

よく一緒に閲覧される記事

公式が画像リーク、14.6型の巨大タブレットGalaxy Tab S8 Ultraを一時掲載

2022年リリースが噂されているSamsungの14.6インチという

カメラ見えない狭額縁ノートパソコンの時代へ、Samsung Display発表

指紋センサーに続きフロントカメラを内蔵したスマートフォンが2020年9

『Galaxy Z Flip』の分解レポート、畳めるガラスの場所が判明

昨日ハンズオン動画で折り畳めるガラスディスプレイが爪でもキズをつけ

→もっと見る

PAGE TOP ↑