小説投稿『LINEノベル』発表、新レーベル『LINE文庫』も創刊

公開日: : LINE

LINEは4月16日、新たなコンテンツ事業として出版社の枠組みを越えた小説プラットフォーム「LINEノベル」を同日より提供開始すると発表した。

LINE-news-20190416

小説プラットフォーム『LINEノベル』発表

「LINEノベル」は、既存の出版社の枠組みを越えた新しい小説プラットフォーム。小説を書いたり、様々なカテゴリの人気作品を読むことが可能となっている。

ユーザーは自由に小説を投稿できるだけでなく、参画している出版社が投稿者へ「書籍化」のオファーを出すことができる仕組みを用意している。
投稿者は各社からのオファー条件を踏まえて「書籍化」する出版社を選択、自らの可能性を最大限に活かせるパートナーと出会えるとのこと。

さらに、「LINEノベル」でも、歴代担当作品の累計部数が6,000万部を突破するなどライトノベルを牽引する株式会社ストレートエッジの三木一馬氏を統括編集長に迎え、新レーベル『LINE文庫』『LINE文庫エッジ』を創刊、各出版社と同じく人気作品を世に送り出す体制を整える。

参画出版社(レーベル)は次の通り。

株式会社KADOKAWA 株式会社講談社 株式会社新潮社 株式会社集英社 株式会社実業之日本社 スターツ出版株式会社 株式会社宝島社 株式会社東京創元社 株式会社文藝春秋

「LINEノベル」アプリは2019年夏リリース

「LINEノベル」アプリは2019年夏にリリース予定で、出版社から提供される既存の人気作品に加え、「LINE文庫」「LINE文庫エッジ」のレーベル作品として「原田マハ」「中村航」「鎌池和馬」など多数の人気小説家による「LINEノベル」だけの書き下ろし作品も読めるのが特徴。

レーベル作品は、アプリ配信時に50作品の提供が決定しており、今後も作品は随時追加するとしている。

Source:LIINEノベル

よく一緒に閲覧される記事

PAGE TOP ↑