アマゾンがAlexa搭載『Fire 7 タブレット』発表、価格・スペック・発売日

公開日: : 最終更新日:2019/06/26 Amazon Kindle ,

Amazon-Fire-7-2019.japan

アマゾンジャパンは5月16日、新たにAlexaを搭載した7インチ『Fire 7 タブレット』を発表した。これでAlexa搭載モデルは2台目となる。

新型『Fire 7 タブレット』の価格・スペック・発売日

先ほどの米国リリース時の記事と同じ始まりになってしまうが、「先日FCCでFireタブレットが発見され10インチがリリースされると思い、毎晩チェックしていたが7インチが登場した。」

第9世代となる『Fire 7 タブレット』のスペックを見ていこう。

7インチIPSディスプレイにストレージが第8世代の2倍となる16GBと32GBとなった。プロセッサは変わらず1.3GHzクアッドコア、RAMも1GB。そして米国の記事でも触れたが512GBまでのmicroSDカードまで対応するようになった。これまでは先日購入してレビュー中のFire HD 8 タブレットの400GBが最大だったが、それを追い越した形だ。

(追記ここから)

速報時には確認できていなかった項目が判明したので追記する。

プロセッサは同じ1.3GHzクアッドコアながらMediTekのMT8127からMT8163V/Bへアップグレードされている。2つの違いはCortex-A7からCortex-A53へと変わったことでGPUがMali-450 MP4からMali-T720 MP2になっている。

これで新モデルはFire HD 8(2018)と同じSoCを使うことになった。

(追記ここまで)

カメラは両面200万画素、バッテリー駆動7時間でインターフェイスもUSB2.0ポート(マイクロB コネクタ)と米国と同じ仕様だった。

そして、最も大きな変化がAlexa搭載だろう。

レビュー中のFire HD 8 タブレットは米国アカウントにすることでAlexaを使えた。さらに言語を英語にすることでShowモードも使えたが実用的ではない。結局Googleアシスタントと会話をする毎日になった。今回のFire 7は魅力的なので次回のタイムセールで購入する予定だ。(さすがに30日以内に3つのFireタブレットを買う気になれなかった。)それでも、ちょうど初回出荷には間に合うと思うだろう。

日本での販売価格は16GBモデルが5980円/32GBモデルは7980円、発売日は2019年6月6日で既に予約注文の受付が開始されていた。
米国モデルとの大きな違いは広告の有無が選べないところだろう。日本では広告が必須となっている。
(速報)Amazon、2年ぶりに新型『Fire 7 タブレット』発表―Alexa搭載などスペック・価格

(追記ここから)

また、Fire 7を子供向けにカスタマイズした「Fire 7キッズモデル」も用意、Amazon FreeTime Unlimitedの1年間利用できるほか、2年間は故障しても交換するサービスが提供され、価格は11,980円。
発売日はFire 7と同じ6月6日となっている。

(追記ここまで)

リンク:Newモデル Fire 7 タブレット / Fire 7 の米国モデル記事

よく一緒に閲覧される記事

【プライムデー】防水Kindle Paperwhiteが特価7980円に、Kindleも5,980円へ値下げ/6インチ2機種の違い

年に一度の感謝祭Amazonプライムデー最終日、6インチの電子書籍

Fire HD 8 タブレットのGoogle Play利用やroot取得まとめ・その後、おすすめハック

HD解像度で程よいサイズ感のFire HD 8 タブレットは現行F

プライム・ビデオがChromecast対応、Fire TVにはYouTubeアプリが解禁

GoogleとAmazonが歩み寄り、プライム・ビデオがChrom

→もっと見る

PAGE TOP ↑