Chromium版『Microsoft Edge』提供開始、Windows/macOSで利用可

公開日: : Windows

Microsoft-Edge

Micosoftは1月16日、Chromiumベースのブラウザ『Microsoft Edge』の提供を開始した。すでにダウンロード可能な状態となっている。

Chromium版『Microsoft Edge』提供開始

「Internet Explorer」(IE)の代わりとして開発されたEdgeは2015年から提供されるも利用者が増えず苦戦していたが、今回の最新バージョンではGoogleのブラウザChromeのコアとなっているオープンソース「Chromium」をベースに大きく生まれ変わっている。

それにあわせてロゴも新たに発表された。青と緑を混ぜたようなグラデーションで「Edge」の「e」をイメージしたと思われるデザインとなっており、この新しい Microsoft Edge のロゴについて、マイクロソフトがもたらそうとしている「イノベーションの波」を表すデザインだと伝えた。

Microsoftは最新Edgeについて、サポート対象の全Windows / macOSに対して90を超える言語で提供されているとブログで伝えている。Windowsユーザーは自らダウンロードをするか、Windows Updateによる自動配信により更新できる。

次回は実際にインストールした内容をお伝えしたい。

続きChromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー
前回⇒Microsoft EdgeがChromeのエンジン「Chromium」採用へ、2019年初頭にもプレビュー版

Source: Microsoftブログ

よく一緒に閲覧される記事

Windows 10Xのエミュレータ公開、Touch Barな機能など2画面OSが体験可能に

Microsoftは米国時間2月11日、2020年内にリリース予定

Windows 12 Liteが発見される。

Windows 7のサポートが2020年1月14日に終了し、最新O

Chromium版『Microsoft Edge』の日本語版ダウンロードと感想・レビュー

Microsoftが米国時間1月15日に提供を開始したChromi

→もっと見る

PAGE TOP ↑