iPhone SE第2世代のストレージ速度、iPhone 8より遅いのか

公開日: : 最終更新日:2020/06/01 Apple , , ,

IPhoneSE vs iPhone8 disk bench 01

前回ベンチマークアプリAntutuを使ったストレージテスト結果を掲載したが、結構な差がついてしまったため別アプリで再び2機種のテストを行った。

iPhone SE第2世代のストレージ速度を計測する

前回の記事とテストに使う端末は変わらないため白の「iPhone 8」は256GBモデル、黒の「iPhone SE」が64GBモデルとなっている。

前回のAntutuストレージテストでは、iPhone 8のストレージが2倍以上となる13206もの差をつけている。読み取り速度は約2倍だが書き込み速度は2倍以上となった。

そこで今回は別のiOSアプリ「PerformanceTest Mobile」を使って検証する。日本からのレビューを見てみると長いことアップデートされていないといった書き込みがあったが、記事投稿時点の最終アップデートは2020年4月22日だったためインストールした。

それでは早速スコアを見てみよう。

IPhoneSE vs iPhone8 disk bench

ストレージの書き込み速度はiPhone 8が446MB/s、iPhone SE第二世代が115MB/sと約4倍の差となった。何度か試したところ最小90MB/s、最大170MB/sもあったが、平均に近いスコアを掲載した。

読み込み速度はiPhone 8の470MB/sに対し、iPhone SE第二世代は405MB/sと健闘している。

やはりApple製品は出来る限り大容量モデルを選んだ方が良いのかもしれない。

前回→iPhone SEの64GBモデルは買わないほうがいいよ、と言う話。

よく一緒に閲覧される記事

iPhone 12シリーズ3機種(ダミー)のハンズオン動画が登場

2020年秋にリリース予定の次期iPhoneシリーズについて、5.

Apple、折り畳みiPhone/iPad向けの特許を取得

Appleが折りたたみ式デバイスに関する特許取得を行っている事は、

iPhone 12のサイズ、初代SEと7の中間か

Appleの次期iPhoneシリーズでiPhone miniとも呼ばれ

→もっと見る

PAGE TOP ↑